徳島県阿南市阿瀬比西内、3号阿瀬比のヘンロ小屋ノートから抜粋



【2002年】
◇今日はバレンタイン。区切り打ちで昨日からスタートなので、チョコ持ってきました。誰にも会えず、渡せていないのですが、ここの休憩所で食べました。お休みさせていただけることに感謝です。(2月14日)

◇ヘンロ小屋を利用させて頂き有難うございました。このような小屋があることは大変うれしく、四国の人の優しさを感じます。(3月12日)

◇北海道から主人と二人、歩き通すつもりで来ました。四国は空気がてきどに湿り、とてもおいしいです。降りそそぐ緑も充分に心地よく、本当に山と水にいやされます。北海道も空気がきれいで、景色も雄大です。この小屋を作ってくださった方々に心から感謝します。ゆっくり休ませていただきました。(5月15日)

◇木の香りのする、まだ新しいこのへんろ小屋で、疲れた足を休ませていただきました。皆様方の善意に頭が下がります。本当にありがとうございました。(6月21日回収)

◇グレー色のワンボックスの車に乗ったおじさんにここを教えていただい、休ませていただきました。ヘトヘトだったので、本当に助かりました。どうもありがとうございました。四国歩いてみて、地元の方のあたたかさをしみじみと感じております。一生みなさんのあたたかいお気持ち忘れることがないと思います。私は逆にきたので後もうすこしです。四国の方々の事を祈り南無大師遍照金剛。ありがとうございました。(6月26日回収)

◇自転車でへん路してます。ノートを読んで涙が出ます。なんででしょうね。もう一歩先に行きます。(8月9日)

◇今日で、7日目。山を一人で超えました。すごく怖かった。でも周りの人たちがとても優しく、よくしてくれる!この山小屋助かりました。とてもきれいですね。ありがとうございます。(7月10日回収)

◇四国に来て6日目の朝です。お遍路には沢山のライバルが有ります。雨、風、台風、山道、大きな道路の車など。でも1番大きなライバルは自分の中の弱い心だと思います。これからも負けずに歩きます。(7月14日)

◇どこまでいけるかではなく、どこまで行きたいか。一休みさせて頂きました。(9月9日回収)

◇温かいもてなしありがとう。都会の人間にとっては考えられないことです。また、この小屋は旅する者にとってこの上ない安らぎです。ありがとう。(9月20日回収)





【2003年】
◇やっぱり歩くのは大変です。区切り2回目で立江からここまで……。バスや電車での生活をしていましたので、反省しています。バスもやめて30分駅まで歩かねばいけないと思いました。月岡祐紀子さんのCDを箱に入れました。聞いてください。追伸。この休憩所はグッドタイミングの場所ですね。以前も、このそばの交差点を渡った所で休憩しますた。(1月1日)

◇父は45歳、娘29歳の二人三脚で遍路中です。昨夜は太龍寺のPでテント。寒かったです。今日は絶好のお遍路日和。気分最高!素敵な休憩所をありがとうございました。(1月20日)
◇今日は誕生日です。誕生日なのになんでこんなことしてるんだろうって思います。これも遍路です。さいごまでやりとげたいです。(2月10日)
◇鈴の音や花菜あかりの遍路みち(2月12日)

◇太龍寺キツかった。本気で帰ろうかと思った。でも、ここまで歩いて、少し楽になった。自分の背番号も21だし、忘れることはないでしょう。ここで休ませてもらい、本当に助かりました。(2月28日)
◇大変感謝しております。疲れがピークに達した頃にこの様な休憩所があると、ホッとして、また頑張ろうという気になります。でも、昨日の雪には、びっくりしました。3月の四国に雪が舞うなんて……!(3月5日)

◇徳島もあと残りわずかです。歩くの大好きな私としてはお遍路はきついけれどとても楽しいです。色々な人と出会えるのも楽しい。四国地元民としておへんろまわるのは前々からの夢でしたし本当に有難い事です。帰ったらお遍路体験をマンガででも描いてみようと思います。(3月7日)

◇日や曜日の感覚もなく歩いています。今年で4回目のへんろです。60歳のリタイアを機に毎年春、何がいいのかわからず歩いています。でもやはり歩きたいのです。四国の自然の美しさと共に、そこに住む人その心のやさしさに感動しています。多くの方々のおかげで歩かせていたでける幸せにまさる幸せはこの世にあるでしょうか。自然と対話し、地元の方々との交わりを楽しんで……。脱日常の世界なのですから……と一人勝手なことを考えています。(3月27日)

◇60歳の還暦の記念にと歩き遍路を発心し、一番から歩き始め5日目で、ここまでたどり着いた。「人間の減点に戻って歩きたい」と思い、歩き始めたが、歩きの大変さ、困難さが、発心の道場この徳島で十分判った。これから先、まだ結願まで遠いが何とか頑張りたいと思う。この休憩所を見つけて、徳島の心のやさしさが、しみじみ判った。これから先も歩き遍路にやさしい徳島であってほしい。(4月7日)

◇自分のようななまけた人間にもお接待。ありがたくあり、もうしわけない気にもなり。へんろが終わっても、毎日うぃ一生懸命生きなければならない、と思うこのごろ。(5月10日)

◇5/20に和歌山高野山に、行ってきますのあいさつをしてから早15日。夫婦2人で88ヶ寺+番外霊場+番外の番外まで色々とゆっくり歩いてまいりました。山道ではすごくつらいですが、1歩1歩お大師様の歩かれた道をたどっています。しっかりお勤めをし、ゆっくりと結願に向けて歩んでいきたいと思います。夫婦仲良く2人で1つの目標に向かって頑張るぞ〜!!休けい場ありがとうございました。(6月5日)




【2004年】
◇今日で7日目。右足が少し痛む。最後から歩けるか心配だ。杖という助けがあっても、結局前身するのは自分の足しかない。頑張ろう!ワンちゃんかわいいですね。お茶のお接待ありがとうございます。(4月15日)

◇北海道苫小牧市より88ケ所夫婦2人で9・17(木)より遍路歩きをしております。今年苫小牧市は駒沢高校が高校野球で全国優勝をし、全道が大変よろこんでおります。(9月21日)

◇いっぽ、またいっぽと。足を前に出すだけ。ほんとそれだけ。それだけがむずかしいなあ。仕事のことが忘れられて、ただ歩きてえのに、あーだ、こーだと思っちまうぜい。おれはまだまだ甘い。甘ちゃんだな。修行のしがいありますな、こりゃあ。南無大師ー。(10月12日)

◇前回8月12日に来とる。ようがんばるなァーと自分で思う。誰も言うてくれんからしゃないなァー。風が強くてさむくなって来た。冬はこれはたえられんなァ。亡き妻を背中にせおい、四季を味わう二人旅もうちょっとがんばるわ。おおたら言うでな、がんばれと。(10月16日)

◇主人と二人歩きつづけ、雨の一日、お昼の食事もする所がなく、阿瀬比につきヘンロ小屋を見てほとしました。遅い昼食をとることが出来ました。ありがとうございます。元気に歩き続けます。町のみなさんに感謝します。(10月26日)

◇置いてあったミカンいただきました。あまりにおいしかったので一人なのに二つも食べてしましました。ごめんなさい。ごちそうさまでした。この小屋のデザイン、これもステキです。気に入りました。心よりありがとう。(11月1日)





【2005年】
◇疲れた体に優しい休憩所でした。有り難うございますた。(1月28日)

◇今日も頑張るぞ。若者よ続け。82才。(4月25日)

◇62歳の私と31歳の娘の二人旅です。これで23ヶ寺の薬王寺で阿波一国を終えます。―−昨日はさすがの父も、クタクタでした。(もちろん私も)でも、着いた時は感動です。これがやめられません。(6月12日)

◇バックの荷物を軽くしてきたのに肩が痛く、丁度休める場所があり、感謝しております。つえをリズムづけて歩いているのですが、歩いてしばらくするとリズムが消え、体力が消耗しているんだと気付くと、早く休みたいと思っている毎日です。「ゆっくり結願したい」という気持ちを忘れずガンバっていきます。(7月12日)

◇ワンちゃん可愛い。休まず22まで行く予定だったけど、ワンちゃんにひかれ一服……ああ〜でも休んで正解!!そこら中がイタイ!!ココ、かなり助かりました。初めての一人旅、荷物もヘタクソ……体力もなし……でも気合いで頑張るゾ〜!(11月24日)




【2006年】
◇お茶一服いただきました。疲れた体には大そうな美味甘露。ありがとうございました。これから平等寺、薬王寺へ向かいます。(10月23日)

◇ちょっと一休み。足、腰が楽になりました。ゆっくりですが、一歩一歩進みたいと思っています。(11月4日)

◇あまりにものどかないい場所で思わず長居してしまいそうでした。少しの時間でもこのように腰をおろさせていたっだける小屋をつくってくださった方々や周辺の住民のみなさまに感謝致します。おじゃましました。(11月5日)

◇雨から曇へと、一気に晴れてはくれない空模様。長い上り坂。すべて大師が与えてくれた宝物として受けとめて歩く。(11月11日)

◇女1人でおへんろさんです。足が痛かったのですが、この小屋を見つけて、ガソリンスタンドで缶コーヒー買いました。お大師さま、住民の方々に支えられて歩かせて頂いています。(11月25日)

◇歌さんが中心になり、ヘンロ小屋をたてている事を知り、ヘンロ小屋をスケッチしながら八十八ヶ所をまわる計画を立てました。今、スケッチをしおえましたが、しっかりした木組み、シンプルな作り、結構むずかしかったです。四国は愛に満ちた人々との出合いがあり、これからも続けたいです。(12月3日)

◇あ〜彼女とより戻したい。父ちゃん母ちゃん、親不孝者でマジゴメン。反抗ばっかりしちゃった自分を許して下さい。(12月12日)




【2007年】
◇「女へんろ元気たび」森春美のまご、なみさんじょう!!22番まで今日中にいきたいなみで〜す。88番までいけるのはいつなのか……。まぁがんばりまぁ〜〜〜す。(1月2日)

◇肩が苦しくなって、この休憩所目に入り、荷物下ろして肩たたき。この心づかい、これがお四国なんですね。(1月27日)

◇初めての遍路。今回は徳島県だけの区切り打ちで6日目。足は痛いしチョッとヨレヨレでここにたどり着きましたが、陽当たりが良くて、清潔で、ホッと一息つかせていただきました。100m手前で通りがかりの車からいただいたお接待のお菓子をほおばりながら、泣きそうです。(3月2日)

◇ちょっとした言葉に遍路は癒されます。「雨降って、足元が悪くて大変だね。どうかお気をつけて巡ってください」といったことば。四国の人々の心を感じてうれしうなります。(3月6日)

◇途中、2匹の野良犬に会いました。エサが欲しそうだったので、残りの食料をあげました。もう何も残ってなかったのですが、ずっと後ろをついて来ます。でももう何もあげるものがありませんでした。涙がとまりません。(5月9日)

◇いろいろなコトがわずか1週間でありました。よかったコト、つらかったコト、いろんな人との出合い、別れ……。これが遍路と思っています。みなさんい支えられていることを実感しました。(5月21日)

◇アンメルツとお茶ありがとうございました。(6月2日)

◇ここまで来る道中、実にゴミが目についた。なので心の赴くままに、ゴミを広ながら歩いた。大きいものは持ってこれなかったけど、ペットボトルとか、あとタバコの箱が目についた。(8月19日)

→ヘンロ小屋・阿瀬比近くの道で学生の遍路




【2009年】
◇2回目の歩き遍路で平等寺をめざして。途中に大根峠があって大変気に入っています。楽しみです。お接待小屋、四国の人々のお遍路に対する温かいお接待に感謝です。納め札をノートに貼り付けるようにしたら、整理しやすのではと思って。13番大日寺の手前のお接待所ではそうしていました。参考までに。(4月3日)

◇今朝鶴林寺の向こうのふもとから歩いています。世俗の悪い物が抜けてゆきそうです。両足マメだらけ。歩進むのも痛いのですが、根性で続けます。(4月9日)

◇いっぷくさせて頂いてます。この旅は感謝せずにはいられない出会いが毎日のようにあります。本当にきて良かったです。結願してみせます。(4月21日)

◇昨夜は道の駅で泊まりました。ここで朝食です。今日は日和佐を目指しますが、右足首がいたいです。行けるところまでがんばります。(5月3日)

◇バテバテで利用させて頂きました。感謝、カンシャ、かんしゃです。(5月23日)
◇昨日の太龍寺は大変でした。今日の平等寺は晴天で息があがります。毎日必ず何かありますが、最後もでやりとげたいと思います。第一回目のトライは今日で終わりです。二回目は秋に……(5月31日)

◇本日は久し振りの梅雨空で……休む場を探すのに大変苦労します。こういったお遍路小屋には、ただただ感謝です。カラ梅雨の水不足な今日、雨で大地も自然もカエルもカニも嬉しそうなので雨でも頑張ります。人間も水が必要なので、雨にも感謝。(6月20日)

◇雨の中、4人組女性は一歩一歩お大師に近づこうと懸命に歩きました。(6月20日)

◇朝から暑い。天気予報では、くもりから雨、というのに、朝日が元気。私も元気にきょう1日歩きます。(7月25日)

◇このような風習が未来へ引き継がれますように。(9月3日)

◇ヘンロ小屋プロジェクト副会長、梶川伸様。早速、ヘンロ小屋プロジェクトで造られた休憩所に出会いました。今、こちらで龍山荘のおかみさんににぎってもらったおむすびうを食べています。今日もガンバリます。学生の皆さんもがんばって下さい!(9月11日)

◇四国の人は敬けんな方々が多いなあ、大自然の恵みに感謝して祈っているようにみえると思った時、ある日、私の方をみて拝んでみえることに気付きました。尋ねますと、貴方はお大師様と共に歩いてみえる、だからお大師様と共におがませていただいています、と。こんな私が拝まれてもったいない。残された人生、力一杯お大師様のみ心を奉じ、少しでも人のため、世いために、心を入れ替えて生きていきたと心に誓いました。(10月24日)

◇毎日、誰か親切にしてもらえる。温かい方達に感謝、このヘンロ小屋にも感謝。(11月16日)

→20番太龍寺へ登る遍路道




【2010年】
◇お正月早々、夫婦で歩きにまいりました。宿もすいていて親切にして頂きました。途中、氷のオブジェ? 自然が作ったものに出会えよかったです。今年も頑張って歩き遍路続けます。皆様にとっても良い年でありますよう!(1月4日)

◇足が痛い……けどそれ以上に得るものばかり。休憩させて頂きました。ありがとうございます。「現金ないけど元気があります」(2月16日)

◇昨日は風が強く寒い日でしたが、今朝は早朝から太陽がまぶしく絶好のへんろ日和になりました。前回は、2山越えて平等寺までの予定だったので、この場所に来たときは疲労こんぱいでした。今回は坂口屋に泊まりましたので、元気いっぱいでこの場所にいます。(4月4日)

◇前々日までの雨がうそのようで、快晴でも風は冷たい。埼玉の15才ガンバレ! おじさんもがんばっています。本日は平等寺までのため、風景を楽しみながら歩いています。(4月24日)

◇靴ぬいで、足冷やして、おかげさまでゆっくりしています。デブなので一苦労ですが。薬王寺まで今年は行って、東京に帰ります。(5月8日)

◇梅雨空の中のお遍路ですが、大地が潤い、あじさいがキレイで、うぐいすの声がかわいらしく、とても気持ちがいいです。暑さと雨に苦労しつつも、いろいろなコトに感謝し、心をいやされて歩いてきました。少し休ませていただきありがとうございます。朝もやの中、静かな時間が過ぎています。(6月25日)

◇だんだん歩くペースが遅くなってきた。太龍寺までのせてくよ?ととおじ様に声をかけられたが、歩きますちことわった。悪いことしたなあ。2度とおへんろ声かけないぞと思われたらどうしよう。あーしんど。熱中症や脱水症になったり、死ぬくらいなら車にのせてもらった方がましだなあと思いつつ……。(7月22日)

◇歩き始めて7日目。徐々にペースが落ちてきて、今日は何処まで行けるかと、只歩くことのみに気を取られている自分に少々呆れています。もう少し、景色を楽しみながら歩きたいですね。頭を垂れ始めた稲穂が綺麗です。(8月13日)

◇肩たたき棒で肩をたたかせてもらいました。へんろ小屋はありがたい。(10月2日)

◇5年振りに主人と二人です。5年前、病気で体調を崩していた娘と3人で来ました。おかげで娘も健康になり、11月28日、結婚しました。感謝です。(12月1日)

→21番太龍寺の紅葉




【2011年】
◇四国の人の暖かい人情に支えられてこの遍路の旅もできているのだなあ、と実感しております。お接待を受けたら札を忘れずに渡したいものですね。私はちょっとしたお返しの物を持ち歩いています。それにしても、誰も歩いていない。(2月13日)

◇孫(名か年卒、4月から高1)と2人で3巡目を巡拝しています。今日も元気な事を感謝します。(3月20日)
◇77才の記念に巡っています。(3月26日)

◇グアムから2回目です。1回目は1番から19番までだったので、今回は19番から29番まで行くつもりです。2月に結婚して、今回はハネムーンをかねてのおへんろです。(4月28日)

◇お昼の休憩を取らしていただきました。太龍寺の下りから雨が強くなり、困っていたところに、屋根のある大変たすかりました。小屋の前からはカエルの大合唱が聴こえます。恵みの雨に喜んでいるのかな? こっちはツライよ……。(5月23日)

◇今年75才になりました。山のお寺のお参りが大変になってきました。ここで休ませてもらうのが3回めとなりました。何とか来年も来たいと思っております。(10月11日)


◇小屋で休むことができ、感謝しています。(11月28日)

◇路過小休、感謝!(12月17日)






【2012年】

◇お遍路を始めてから今日で8日目です。山道は想像して以上にきつく、毎日体のどこかが痛んでいます。でも、ここまで歩いてこれたのは、自分一人だけの力だけじゃなく、徳島の人々のお接待の心があってこそだったということを痛感しています。まだ、まだ道は長いのですが、四国の人々のおもてなしに、日々感謝しながら歩き続けます。

◇少し休ませてもらいました。今朝は雨だったので、午後から晴れて助かりました。(2月23日)

◇いつきてもあたたかく、きれいに管理していただいてありがとうございます。今日もゆっくり休ケイさせていただきました。(3月30日)

◇結願!(4月5日)

◇太龍寺から下って22番へ向かう途中、休ませて頂きました。ここで、宿で結んでもらったおにぎりを食べ、元気が出ました。徳島の方の温かさに触れ、本当に有り難いです。(4月20日)

◇よいへんろ小屋で助かります。ありがとう。一回り大変ですが頑張ります。(4月28日)
◇道を間違え戻ってきたところに休憩所がありました。利用させて頂いています。心より感謝いたします。(5月5日)

◇鶴林寺からやっと到着。やっぱり、へんろころがしでした。若者2人と会えて元気になりました。(5月5日)

◇今回は別格二十番も回りつつ、通しで順打ちです。昨日は勝浦から別格三番さんを打ち戻り、20番さんから下りたところにある大井小学校跡でテント泊。というわけで今日は平等寺までののんびりコース。しかし、大井は集落はあっても一軒の店もなく、昨日の晩めし、今日の朝めしで在庫食糧はほぼなくなり、道の駅に期待して行ったが、何と休み。あとはおやつで食いつないで行くしかありません。体力温存の為、」ゆっくり休ませていただきます。(5月10日)
◇Thank you for place to rest。(ニュージーランド、5月26日)

◇元気に歩けること感謝しています。天気も良く、うぐいすもとってもかわいい鳴き声で!  又、来ます。(6月6日)

◇22番まで頑張って打ち止め。次回は来月4月に、とくしまマラソンで、(6月11日)
◇足が痛かったので丁度休ませて頂き、とても助かりました。(6月13日)

◇(ハングルの書き込みに続いて)本日、一緒に歩く事になりました。素直な青年です。将来きっと活躍される事になると思います。本当に良い青年に会えて良かった。ぼんくらおじさんより。(6月13日)(

◇発お遍路です。とても疲れて泣きそうになる事もありましたが、お寺に到着した時の達成感が素晴らしいです。(7月16日)
◇Don't worry! Be happy!(8月4日)

◇初お遍路です。足のうらがいたい。なぜか。それはおこないがわるいからだと思う。(8月23日)

◇台湾から来ました。今日の天気はきもり→大雨→晴れ。最高でした。山のいろんな風景が見れました。このお部屋どうもありがとうございます。休けいさせて頂きました。(9月10日)
◇雨です。大雨です。丁度良いタイミングでヘンロ小屋がありました。止まない雨は無い!と思い、もう少し歩いてみます。(9月18日)

◇妻の供養で歩き遍路をしています。本日、太龍寺で上記の方にお合いし、フランス語で話をしました。大変よい出会いのある所でした。(9月23日)

◇これから22番平等寺へ行きます。宿情報、参考になります。また来れたら(今回で2度目、通しで)来たい遍路みち。(10月10日)

◇区切り打ち、太龍寺から開始。初日からカゼひいています。足が重いですが、あと少しで平等寺。がんばります。この小屋、すごく助かりました。(10月12日)

◇初の歩き遍路で、区切り打ち3回目。本日は太龍寺への登りから下り、ここまで来て、平等寺前の民宿に泊まる予定です。78歳の大先生と歩いており、なかなか大変ですが、皆さんも頑張ってください。(10月12日)

◇絶妙なタイミングでこの小屋を発見。さらに野宿リストま!! 本当に助かりました。(10月12日)


【2013年】

◇太龍寺からきて、へとへとです。休憩所があり、休ませていただき、ホッとしています。(1月30日)

◇太龍寺からの下り、こちらで30分休ませていただきました。マメだらけの足を休ませることができて助かりました。(2月3日)

◇太龍寺さんから2時間半かけておりて、たどりつきました。ゆっくり休めるスペースを頂いて感謝いたします。(3月5日)

◇休ケイ所ありがとうございます。阿瀬比地区の皆様に感謝です。心の想いが伝わってきます。(4月22日)

◇I stopped by to rest.(フィンランド、4月20日)

◇昨日は太龍寺で打ち止めし、ロープウェイでふもとの道の宿に泊まり、再びロープウェイで太龍寺に登り、歩き遍路再開です。丁度疲れたころに、この小屋があり助かりました。(5月1日)

◇田植えが始まり、蛙が鳴き始めました。山にはヘビが出る季節を今年も迎えたのです。アスファルトには土に還るれぬのし蛙を見ることになります。蚊に食われ、クモの巣をよけながらの山越え。人間にはつらいが生命の最も輝く夏が来ます。生命の宴。虫よけスプレー必要。むだな殺生避けるためにも……。(5月2日)

◇おばさん二人(京美人)太龍寺からおりてきました。これから平等寺へ。1年ぶりの歩きで、足がじんじん!!(5月3日)

◇三日目のスタートです。さわやかなミカンをありがとうございます。(5月9日)

◇ミカン有り難く頂きました。これから5卻薪寺道行くのの良いカンフル剤となりました。(5月9日)

◇おみかん甘くておいしく、へんろの疲れが、ほっとしました。ごちそうさまでした。風もさわやかで、休憩するのにううところでした。今朝、金子さんを出発(7時)して鶴林寺、太龍寺をふうふういいながら歩きました。平等寺目指して、あとひととき。がんばって歩きます。(5月13日)

◇山道を抜けてからのアスファルト道で、くたばりそうでした。ゆっくりと休憩させて頂き、本当にありがとうございます。平等寺が今日の目標地点。あと少し。頑張ります。(5月24日)

◇強い日差しの中、屋根のある場所をありがとうございます。お陰様でゆっくり休むことができました。(6月12日)

◇鶴林寺、太龍寺と山道を歩き、額から汗がポタポタと地面に落ち、服も汗まみれ。国の指定史跡とされたへんろ道は何度も「素晴らしい!」。へんろ道を愛する人がいて、その人の愛するへんろ道は、こういう道のことだったのかと理解出来ました。小さな石の石積みが、曲がりくねった道に沿って続く。町やアスファルトの道では、どこか居心地の悪そうなお地蔵さんが、ここではとても輝いて見える。又、鶴林寺からの景色。那賀川と水井橋は美しい絵を見ているようでした。太龍寺で鶴林寺の見える場所があって、あんなに遠くの山の頂上から歩いてきて、今ここいいる……と思うと感激でした。66才、おばあちゃん。(8月17日)

◇山を登って下りての後の休憩所にホッと一息。有り難く休ませていただきました。私は千葉県からやって参りました。県のマスコットである「チバくん」という真っ赤なぬいぐるみと四国を巡っています。見かけたら是非お声かけください。(8月24日) ◇このばしょうは、ひじょうにありがたくて、おせわになりました。(日本語=イギリス、9月13日)

◇おせはになりました! よく休むことが出来ました。(日本語=イギリス、9月13日)

◇Thanks a lot/どもありがとうございます。(オランダ、9月13日)

◇20〜21と、山の上り下りで、足も腰も痛い。ホット一息。足をのばしてゆっくり。次の元気をもらった感じ! もう少し、頑張って歩けそうです。感謝。(9月17日)

◇雨の中を無事、山を下りてここまで来る事ができました。ホット一息。感謝です。(10月9日)

◇Hello であr Nihon−jin.You and Japan are fantastic.(ドイツ、10月13日?)

◇Don’t worry Be happy1 足の痛さがだいぶとれました。(12月30日)


【2014年】

◇休む場所を作ってくれてありがとうございます〜! やっぱり、つかれてきました。(日本語=アメリカ、1月4日)

◇雪が降って寒いです。屋根のある所で休めてありがたいです。(3月6日)

◇ありがとうございます!(日本語=オランダ、3月15日)

◇Thank you so much for this wonderhul place for rest.(英語=フィンランド、3月21日)

◇消費税が上がる日です。天気は晴。何が変わる日になるのかなあ? それにしても、いい場所に休憩所を造っていただきました。1国うちを始めて5日目。ほとんど休みなく歩いてきましたが、ここでは思わずゆったりとさせていただきました。2日頑張ります。(4月1日)

◇去年もここで休ませて頂き、自分の感想を読無ことが出来、何故か嬉しかったです。昨年より脚力が強くなっているのを感じます。来年もチャレンジして、年齢が増えても体力も強くなる喜びを味わいたいです。自然と人々の暖かさが生命力を与えてくれるのだと、実感しています。(5月6日)

◇鶴林寺―太龍寺と歩き、やっとここへたどり着きました。途中、腰が抜けたようになり、どうなるか心配でしたが、何とかたどりつきました。この休憩所で一息つけて、また元気が出ました。平等寺まで頑張ります。地元の皆様の心くばりにに感謝です。(5月10日)

◇反戦平和を祈って歩いています。世界中の国が軍備拡張して安全保障、ヨクシリョクだと競い合っていっます。軍事力増強で平和を保とうというのはまちがいです。日本国憲法でノーベル平和賞を受けましょう。(5月11日)

◇下りで足がガタガタ。タイミング良く、この休憩所に到着。ゆっくり休ませて頂きました。(5月20日)

◇今日、太龍寺から来ました。予定では23番平等寺まで今日中に行く予定です。雨が降り出したので、カッパを着ようと思っていたところにすばらしい小屋があったので、休憩させて頂きました。平等寺まであと5Km行きます。地域の方々のありがたきことこのうえありません。(5月20日)

◇ガソリンスタンドでトイレ貸してくれませんでした。歩きへんろはガソリンを買わないからで、車でガソリンを買う人には貸すのですか?(6月18日)

◇台湾人です。6th day.Go!(6月27日)

◇今日はあいにくの雨となりました。20、21とお四国あわの難所を越えました。やれやれという気持ちと、段々と体も慣れたこともあり、少し余裕が。幾度となくくじけそうな弱虫になったが、徳島のいろんな先輩、若者にアドバイスを頂き、少しは勇気がわいてきます。先のことはあまり気にせず、1日1日頑張ります。(7月3日)

◇お先に行きます。入れ歯が割れたかめへんろ(8月1日)

◇東京から来た遍路の旅人です。親父との二人歩き。もうひと息で平等寺。ここで最後の休憩を取ってから向かいます。(10月11日)

◇お大師と倅に引かれて秋遍路(10月11日)

◇今日は坂口ヤです。今日最後の休憩ありがとう。ございます。(10月25日)

◇以前からの「あこがれ」と、子供の悩みで巡礼しています。「長男と長女を背負いへんろ道」。(10月26日)

◇加茂道をしゅうふくにきました。4回目です。新しいへんろ道ができました。最後に自分達がつくった道をあるいてここで休みました。(11月16日)

◇小雨の中でごやっかいになりました。(11月25日)

◇ちょうど正午になり、おにぎりを食べて休憩。これから平等寺〜薬王寺です。(12月30日)






【2015年】

◇初遍路です。開けましておめでとうございます。太龍寺は雪と風がすごかったです。(1月1日)

◇さかもと宿を7時出発。鶴林寺、太龍寺の山を越え、足もガクガクで、この小屋を見た時は嬉しかった。(1月27日)

◇It has been a hard day on the shoulders today with such a heavy pack.(2月28日)

◇雨の中、荷物を下ろせる場所があり非常に助かりました。(3月1日)

◇今日は前日に引き続き風が冷たく、又強いので、鶴林寺、太龍寺共に手指がかじかんで大変でした。平等寺まであと一息のところで腰をおろせる所に出会って幸福です。(3月24日)
◇暑い日です。一休み。5回目です。(3月27日)

◇今日は雨が降っていたりして大変でした。どこかで数珠を落としたようでうs。(4月3日)
◇春大好き! お世話になります。(5月27日)

◇雨。ちょうど良い所に。雨やどりできました。遍路は、道沿いに住まれている方々のおかげ様です。(7月22日)

◇皆様に見守られていただいていることが実感できて頑張れます。(8月16日)

◇涼しい風にいやされました。快適な遍路小屋です。(9月28日)

◇感謝 阿瀬比居民 提供土地 興建小屋 我門由太龍寺下来 坐在此地 舒服清涼 多謝 (台湾)(10月23日)

◇足がいたくて、ここで休めて、かんしゃ。(11月5日)

◇生命あるはありがたし< 岩屋道 歩かせていただき 感謝です(11月5日)BR>
◇太龍寺から平等寺へ向かう途中、雨宿りに寄らせていただきました。地区住民の皆様の御理解、御協力にありがとうございます。(11月18日)

◇脚が痛い!! そんな時だったので助かりました。頑張ります。(11月20日)

◇疲れました。今回は23番薬王寺まで。又、来年2月に来ます。(11月26日)







【2016年】


◇今日は車で来ました。これから21〜13番まで、今日中に回ります。そのあと神奈川まで帰ります。(1月2日)

◇近道と思っていたら遠回り 急ぐなかれと お杖に言われ 太龍寺から山道を下ったら お松大権現にいました(1月13日)

◇今日、朝は気分がいいですね。昨晩、雨が降るので、もう晴れでしょう。ここでよく休みました。私は韓国人です。今日6日目あるいています。ありがとうございます。(1月18日)

◇名古屋から2回目です。始めは60才、56日。今回72才、60日の予定です。歩くのみでつらいです。(1月18日)

◇雪道の山下りは危険で怖かった。ここでひと休みさせていただきありがとうございます。(2月14日)

◇山中をs迷うことも遍路かな(2月14日)

◇2度も転びましたが無事いわや道を抜けられました。(2月14日)

◇太龍寺は寒く吐く息も白かったですが、日も出てきて暖かくなってきました。一休みさせて頂きありがとうございます。(4月11日)

◇感謝!!小屋、在厳寒的7° 給我庇護!非常棒!(台湾)(4月12日)

◇4年目。毎年春になると、体が勝手に動いて四国に来てしまします。通る時期によって、様子が変わって楽しませてくれます。今年はみかんの花がたくさん咲いている場所を通ることができジンチョウゲのような強い香りをたくさん頂きました。山口小の皆さん、杖を使用させて頂き、太龍寺へ登ってきました。どうもありがとうございます。いつまでも遍路を見守って下さいね。(5月6日)

◇おへんろをためにこんなすてきな休憩所をご用意いいただき、ありがとうございます。これからもがんばって結願まで!(韓国)(5月6日)

◇8:00立江寺初ー17:00当地着です。全行徒歩。疲れましたが、良い修行になりました。(5月7日)

◇皆さんのご健康及びご幸福お祈り致します。(韓国)(5月12日)

◇今日は一日大雨です。ぬれてもいい格好をしていると心地よい雨。雨もまたよろしい。(6月12日)

◇今日は七夕ですね。20番鶴風亭さんのあたたかいおもてなしと居心地の良いお部屋に2日も逗留してしまった。素敵な出逢いでした。この感動を是非味わって下さい。(7月7日)

◇2つの山越え疲れました〜。先はまだまだ。がんばるぞぉ!!(7月10日)

◇疲れました。今日はここでダウンです。宿のお迎えまたしてもらっています。(7月14日)◇今日のひとこと。「人生は素晴らしい。人生は忌まわしい。どちらも真実」(8月17日)

◇暑くて昼飯がノドを通りません。平等寺で早く休む事とします。(8月18日)

◇「遍路に焦がれて」をお書きになった山口蜜柑さんに一言申し上げます。「家族の幸せ願いつつ」は、家族を亡くした者にはむごい言葉です。(8月22日)

◇雨宿りに利用させていただきました。(自転車)明日は台風が本格的に来るとのことなので、宿情報をもとに休みを入れようかと思っています。(9月4日)

◇Wonderful place to stop for lunch.Thank you.(USA)(9月13日)

◇山はきつい!山のお寺はなぜ山頂にたてるのだろう!!?中ふく辺りではだめだったのですか?……と、立地条件に文句を言ってごめんなさい。(9月16日)

◇今朝は寒かった。思えば9月26日に88番を出発した時は真夏日。「アセモ」が出来、薬と半ズボンを買う。逆打ちは標識が不備で難儀する。(10月30日)

◇逆打ちヘンロですが、ガソリンスタンド横から新しくできたヘンロ基地を行きます。山茶花で地図をもらったのですが、逆打ちなのでうまく登れるか不安です。(11月5日)

◇太龍寺からのヘンロ。途中気持ちよく歩き、少々疲れた頃のお休み所。大変ありがたかったです。今回は平等寺から薬王寺までの打ち切りです。頑張ります。(11月15日)

◇みかんおいしかったです。「お遍路の心のオアシス休憩所」(11月28日)

◇今日は太龍寺をお参りしました。徳島の1番で結願になります。12月23日か24日なると思います。(12月15日)

◇朝早くなので素通りしてしましそうですが、休ませていただきます。(12月24日)

◇冬のお遍路は澄み切って歩きやすいです。太龍寺からここまでの山道は険しかったが、平等寺まであと少し。(12月30日)








【2017年】


◇冬ですがあたたかく、ハイピッチで進むことができ、お昼休みをとらせていただきました。(1月3日)

◇太龍寺の後、ここまで来てほっとしています。とても休憩しやすく、良い休憩所ありがとうございます。これからもう少し頑張ってみます。(2月7日)

◇山道がたっぷり歩けてよかったです。アスファルトはひざにくる……。(2月12日)

◇疲れた足を休ませてもらいました。(2月22日)

◇いやーいい道だった!!ツカレタ、タノシカッタ、ありがとう。(3月4日)

◇福島から来ました。もうすぐ6年。祈りを込めながら歩いています。四国の方々に感謝!!(3月8日)

◇今日もあち少しで着きます。(3月9日)

◇本日は立江寺からここまで(旅館の方が迎えに)。太龍寺からいわや、平等寺を歩いてきたが、コンクリート道を歩くより全然よい。今回は明日23番まで区切り、残りは来年かな?(3月22日)

◇雨宿りさせていただきます。山口小学校の児童、地域の皆様に感謝致します。(3月26日)

◇鶴林寺から下山、ちょうどここで昼食をとらせていただきました。何気ない平凡なことが、これほどありがたいとつくづく感じます。(4月28日)

◇鶴林寺から下山。ここで昼食を取らせて頂きました。何気ない平凡なことがこれ程ありがたいとつくづく感じます。感謝感謝です。

◇発の歩きへんろです。心まちにしていた阿瀬比のへんろごや。ほっとしました。(5月31日)

◇初の歩き遍路で家族でまわっています。徳島はとてもいいところですね!!(6月17日)◇歩き遍路で初めての飴です。おかげ様で雨宿りさせていただきました。(7月2日)

◇今回は幸い雨にもほとんど遭わず歩くことができありがたいです。これから平等寺まで5辧あとひといき頑張ります。(10月7日)

◇大龍寺さんから歩いてきました。途中危うい所にはロープをはってくれたり、道を整備してくれたり、何度も感謝しながら歩いてきました。またここで一休みさせていただきありがとう。こんんなに感謝の気持ちをわきおかされていただける空海産にも感謝です。

◇いわや道、平等寺道をきてこれから平等寺へ行きます。肌寒い気温ですが、山道は汗をかきます。私1人で歩いており、誰にも出会いませんが、1人で歩いている私を見ているもう1人の私が後を歩いています。私の無事を祈りながら。道路を開いてくれている自分に感謝です。(12月9日)






























(順次、追加します)




↓ヘンロ小屋3号阿瀬比

戻る