徳島県阿南市福井町鉦打、4号鉦打のヘンロ小屋ノートから抜粋



【2003年】 ◇リストラに合い歩いています。今日で7日目です。小屋の接待ありがとうございます。リックを肩からおりし背中がよろこんでいます。(5月23日)

◇台風である。ここで寝たい。腹へったけんすすもう。はだしで一服してからやなあ。ありがとうございます。(5月30日)

◇桧の香りのなんとここち良い事でしょうか。私は一体、どこまで歩けるのでしょうか。足を痛めても、どうしてもやめられない。お遍路とは一体何なの。身を持って体験することでは。どんなに道を間違えても、荷が体にくい込んでも、あと一歩、あと一歩と進むしか、私にはないのです。(6月3日)

◇ちょうど雨が振り出した所でこの休憩所。本当にありがたいことです。さて目的地の日和佐までは雨中行になりそうですな。ただでさえ重い腰がなかなかあがりませんよ。オール野宿の誓いを旨に30キロにおよぶ荷物をかついで歩いております。でも気づけば今日で3日も連続して善根宿やら無料宿泊ハウスやら、地元の方の善意に甘え、ちゃっかり畳の上で寝ております。まあ、荷物の重さが私の業の重さってことなのでしょうな。はたして大師さまはこの業と共に歩めとおっしゃっておるのか。もっと身軽になれとおっしゃっておるのか。ともかく捨てきれぬ業を背負って行ってみます。(6月4日)

◇歩け歩け、無心に只歩け。何をもとめるでもない、又考えるでもなし。感じるままに歩け。人間にの苦しみの根本は執着にあるらしい。何かごりやくがあるかもとか、何か理解したとかも又、執着なり。五蘊皆空なりと照見す。空は色に異ならず、色は即ちこれ空。(6月7日)

◇今夜一宿をください。もう疲れて足がうごきません。(6月13日)

◇アー今日はとても熱い。あともう少しで終わり。これで桂子も天国に行ってみんなにかわいがられているかなあ。でももう一回でもいいから会いたいなあー。あともう少し。桂子、守ってネ!(6月20日)

◇さっき、車の方に、よく冷えたウコン茶をいただきました。「受けて忘れず、施して語らず」。日本中の人が遍路をするなら、もっと住みよい社会になる気が致します。(7月8日)

◇昨日くらいから心の内面に変化が出てきた。もともと自然は好きではいましたが。が、鶴林寺、太龍寺、平等寺の途中の急なのぼりの山中にあると、胸の奥から沸々とわいてくる感覚を感じます。そして疲れを感じたとき、「山の神様・木々・精霊・そして亡くなった親友……大師様」すべてが私に力を与えてくれるのを感じました。自分常に誰かに助けてもらっているのだと……もっといろんなことを感じられるような旅にしたです。(7月15日)

◇トンネルでマスクをくれた。ちょっとうれしかったよ〜!日和佐までマウンテンバイクで走りまーっす。もうすぐ30才の心は少年でした。(7月16日)

◇五つの赤い風船の遠い世界に!にあこがれた30年。先日会社を辞めてリセットする為に、歩いて四国88ヶ所をお参りしています。“優しさ”について考えたいと思います。一服することが出来た。ありがとうございました。(8月25日)

◇炎天下の国道歩きは辛いですね。トンネルはこわい。この休み処でほっと一息です。感謝です。山道も草刈りしてくださって、地元の方々、保存協力会の方々に深謝、深謝です。いつか、息子達も連れて歩きたい。(8月28日)



【2005年】
◇夫といっしょに、38年間の教師生活を卒業し、そのお礼に回っています。23番に向かって歩いています。(6月1日)

◇定年(2000年)から5年。何と無為な日々を過ごして来たものか。何とかせねばーーと思います。キッカケを遍路に求め、今日が順打ち6日目。今回は23番札所までの区切り打ち。あと一息だ。頑張るぞ。(6月1日)

◇3年前、父(私)より先に息子は交通事故で亡くなりました。悲しい想いの中、息子の供養と息子に対しての「もっと何かやってあげたかった」のくいの気持ちが残り、遍路しています。同行二人ですが、私は同行三人です。足が弱い私ですが、不思議と息子からパワーをもらっています。けっこう思ったより早いペースで回っています。交通事故は一瞬にして悲しみのドン底へつき落とされます。本人はもちろん家族も同じです。皆さん遍路中はもちろん一生気をつけて下さい。残された生涯を息子の分まで行きたいと思います。(6月3日)

◇途中、発熱したり、カカトの皮がズルむけたり、ヘロヘロになりながらのお遍路です。9日目に入ってしまいましたが、まぁ仕方ない。私のペースでゆるゆると行きます。(10月19日)

◇今日はここで泊まらせて貰います。お遍路は2度目。前回、打ち終わって帰ってからの自分は確かに、変化が見られ、心も幾分広く、おだやかになったとおもった。しかし、やっぱり人間というのは、時がたてば、だんだんとエゴが出はじめ、コゴーマンにもなって来ます。生活も……。もう一度行こう!!仕事も大事、家庭も家族も大事。でも自分はまず自分の人生。どう生きるのか。その為にもう1度、お遍路をすることが必要だと思った。でも俗世界からは逃げない!!自分はこれが終わったらまた、あの社会の中で、自分を失わず生きていく。(11月26日)

◇四国の方々はみんなやさしいです。人の中に仏を感じる毎日です。ありがとうございます。(12月22日)


【2006年】
◇生まれてから旅に出るまで人生を家庭かんきょうのせいにしてなめていた……。中学校中退??不良!ヤクザ!右翼!ヤクザ!会社とうさん……このたび人生をあらためて、あたらしいたびに出発します。いままでめいわくをかけてきたみなさん、ごめんなさい!(1月8日)

◇1日1日を生きることが幸福。朝起きて、メシ食って、風呂入って……寝る。そしてまた朝を向かえる。そんなシンプルなことが1番幸せ。色んなことがありすぎる世の中池田市で、遍路に来て1番気づかされた事だ。そして1日を生きるためには、たくさんの人々に助けられている。全てに感謝の気持ちを!(1月30日)

◇歩き遍路をはじめて、今日で9日目です。両ひざが痛くてたまらないのでボチボチ歩いています。今日はお店で会ったオチャンにコーヒーをいただき、道の途中で会った軽トラに乗ったオバチャンにはちくわとはんぺんをもらいました。こんなにお接待をしていただいて涙が出そうです。ほんとうにありがとうございます。この旅で素直に感謝することが出来るようになりそうです。(5月16日)

◇いくつかの遍路小屋で、このようなノートを見せていただきました。その中に書いてあることばに勇気づけられ歩いています。お遍路さんの思いはそれぞれですが、奥の深いところでは何か共通するものがあるようで、それぞれのオートに引きつけられるものがあります。その共通するものって何でしょうね。(7月8日)


【2008年】
◇私、妻、息子と家族で歩いています。私と妻は徳島一国参り、息子は通し打ちの予定です。息子の無事結願を祈っています。(2月29日)
◇四国に来て何度「ありがとうございます」という言葉を口にしたことか。そして、またこの小屋にも感謝。ありがとうございます。(3月7日)

◇高校卒業しました。お兄ちゃんたちに続き、歩き遍路をしてみようと思い、歩きはじめました。「キツイ!」とにかう大変な遍路旅。しかし、得るものはすごく多くてきてよかった。出会ったみなさん、これから出会うみなさん!どうぞお気をつけて旅を楽しんでください。(3月12日)

◇四国来て汗を流し、苦労することで、四国が好きになりました。優しくしてくださった人々、すばらしい風景に感謝します。苦労し、経験を重ねることで自分もまた優しさがふえていくような気がします。(3月16日)

◇亡妻の七回忌供養、初孫の生誕祈願で回っています。歩くこともありがたいのですが、1寺1寺お参り出来ることは本当にありがたいことと思います。“ありがとう”全てはそこから始まります。(4月17日)

◇暑い!しんどい!足痛いッ!でも頑張ります。避けぬ、こびぬ、顧みぬ!(7月15日)

◇美しい自然に囲まれて歩くのがとても楽しくて飽きない……1日1日を大切に歩いていきます。(8月16日)

◇夫婦で歩き遍路3回目です。今日は妻がばてています。でも、去年は寝込んでいたkとを思うと、2人で歩いて回れるのは夢のようです。お大師様、お不動様、御先祖様、お世話になった方全てに感謝の旅を続けています。(8月16日)

◇連日雨ふりで体調を崩し、“全て歩く”とのこだわりを捨て、バスも少し利用しました。車のへんろさんにも乗せて頂きました。都会のバスではできない、おもしろい体験をしました。不思議ですねえー。一期一会を繰り返しながら、体力に合わせて少しずつ進んでいこうと思います。(8月31日)

◇友達とチャリでおへんろしてます。今から薬王寺行ってフロ入って寝たいと思います。昨日はサッパリ寝てないのでキツいです。(9月3日)

◇雨やったのに晴れた。この旅が終わればきっと無敵。すべての出会いに感謝します。(9月26日)

◇ほ〜と一息。ありがとう。ヘンロ小屋は花一輪のあたたかさです。(11月4日)
◇昨夜同宿の長野、千葉の青年はここで休みましたでしょうか。途中、たき火がありましたね。あれは助かりました。ちぢんだ手足が戻りました、本当に。昨夜は君たちの姿に自分の息子を重ね合わせて話ができました。これからも人生をしっかりと送ってくださいね。「トンネルに響くスズの音勇気わく」(11月22日)

23番平等寺→





【2009年】
◇あけましておめでとうございます。山道、里道を歩いてきた身にこの国道はつらいです。さて、どうやって反対側に横断しましょうか。太龍寺で昨年打ち納め、平等寺で撃ち始めとなりました。(1月1日)

◇負けそうな時、こういう場所が救いになります。(1月9日)

◇鉦打橋の周辺のゴミの山、何とかならないものでしょうか。タイヤ、家電、車のスクラップ。癒しの道にあるまじき光景です。地元の方の勇気ある行動をおねがいしたいと思います。(1月14日)

◇道中、ゴミのポイすての多さにびっくりです。マナーは守ろうね!(2月21日)

◇初めてのへん路ということで、たくさん困難な出来事がありましたが、一日一日を通して成長させていただいていると思います。生きとし生きるもの全てに感謝したい気持ちでいっぱいになりました。(3月5日)

◇雨の中、それに春の嵐のような強風<。トンネルをぬけるとこの遍路小屋。合羽を脱ぎ、一休みくつろいでいます。土地の人達に感謝です。(3月22日)
◇初めてのお遍路。初めは観光がてらと思っとったけど、いろんな人に出会えて話をしていくうちに、何か感じるものが出てきたと思います。僕と出会った歩き遍路の方たち、ガンバってください。観音寺に来たときにはお接待します。(4月16日)

◇草木の新芽がことさら応援しているようです。(4月17日)

◇此のへんろ小屋はなつかしい所です。NPO法人・遍路とおもてなしのネットワークの事務局長の松岡氏と共に接待木を掘り起こし、その足で直ぐここへ移植したのです(4本)。今見て4本とも根付いている様で安心しました。(4月17日)

◇5/1〜徳島県の歩きへんろを続けてきました。あと1つ薬王寺で今回は終わりです。帰りたくない。また四国に来てへんろをできるよう頑張って働きます。体も心もきたえられた素晴らしい一週間でした。ありがとう。(5月7日)

◇朝からはげしい雨! なかなか気持ちの余裕がない。75才の私には疲れがひどい。でも、主人の供養。薬王寺まで頑張ります。(10月2日)

◇少しボケーとして道を間違え、阿波福井の先から戻ってきました。40分位余分に歩いたので疲れました。ここで一息つけました。(10月16日)

◇やさしさに触れ、やさしさに泣く、遍路みち(11月6日)

◇一人来て心が山とむき合える自分がある。しあわせです。そしてありがとう。(12月6日)


→21番太龍寺からの下り道で






【2010年】
◇おめでとうございます。平等寺から雪がちらちらと降ってきましたが、ここでは止んで晴天。23番まで歩く予定です。(1月1日)

◇夢も希望も、全て失いました。何かを見つけたい。(1月3日)

◇何事も一足飛びにはいきませんね。一歩ずつ諦めずに歩んでいかなければ。あ〜今が人生の分かれ目かと思い、四国遍路修行させてもらっています。自分の進む道が見えなくなた。進路を何処にとればいいのか考え考えの毎日です。(1月5日)

◇三輪車で日本一周しているものです。おへんろ小屋にすごうお世話になっています!このノートを読んでいると心が温かくなりますね。(1月10日)

◇平等寺より歩いて1時間30分。老体の身としては、この休憩小屋はありがとうございました。無理しないで、体力と相談しながら歩いて行きます。(3月14日)

◇雨の中を歩いていると思いの外距離が伸びませんし、すぐ疲れます。でも、雨の日は雨の日で、晴れの日とは違った風景が見れるのでこれもまたいいかなと思います。日々歩けることに感謝、感謝。(3月24日)

◇「同行二人」とよく言われますが、私は「同行万人」かと思います。お大師様の他に地域の人の助けがあってこそ、遍路道は成り立っていると思います。だから同行数万人です。いや、過去にたどった先人達、お地蔵様も含めると、同行数億人かもしれません。遍路道が世界遺産になることを祈っております。(4月23日)

◇逆立ちで1番から廻っています。今日で10日目です。毎日頭に血が上り大変です。(5月21日)

◇5/14日、72才の誕生を迎えた御礼で初めての遍路です。同行二人、お大師さんと23番札所に向かいます。(5月28日)

◇靴を脱いで、足に感謝。足も汗をかいて一生懸命。(7月31日)

◇すごい雨で歩くおがやっとです。カッパをきてもぬれそうだな。私はへんろではないですけど、がんばります。いま、部活でバンドをしていてギターをしています。もうすぐ文化祭!!がんばるぞ!!(8月13日)

◇自転車で四国一周中の者です。このノートを見ていると、お遍路さんい比べたらたいしたことない。弱音をあげてどうする!という気持ちになり、勇気づけられました。(8月15日)

◇多くの四国の方々によって巡礼者は支えられていることを身をもって識ることが出来ました。このへんろ小屋にあっては風雨を相当量防いでくれるであろうことも想像できます。徳島県に於ける発心の道で捨てること(ゴミではありません)を学ばせて頂いています。そして次の修行への段階へと歩を延ばして行くでしょう。そのためにも薬王寺へと歩みを進めます。(10月12日)

◇65才を迎えた翌日の本日、小春日和に恵まれすべてに快調、感動、感謝。(12月10日)


→22番平等寺へ向かう遍路道「大根峠」






【2011年】
◇最高の天気。風雲全くなし。妻と二人歩き遍路で、薬王寺を目指し歩いている。車道は参拝者と思われる車が多く、少し危ないと思うが、気をつけている。室戸を目指してゆきたい。(1月1日)

◇お接待木でハッサクをごちそうになりました。おかげ様で元気に歩くことができそうです。(1月9日)

↓22番平等寺の紅葉



【2014年】

◇昨日の大雨、まだパラついています。気温も下がって。雨のときは、おへんろ小屋、大助かりですね。私、平等寺から来て、23番薬王寺へ向かう途中、休ませてもらいました。」(5月21日)

◇通しでやっています。自転車です。今日は姉の39才の誕生日。結婚できますように。(28才、5月23日)

◇平等寺(8:10)〜長い道ですが、歩きです。今日、薬王寺で今回は終わりで、東京に帰ります。又次回続きを高知に向かって歩きます。(6月2日)

◇新野駅から歩いて3時間。今夕方5時。由紀へ。日和佐の国民宿舎に泊まる予定。2回目の遍路。歩いていなかったところを歩く予定。(6月4日)

◇天地人真の父母様感謝します。同行4人今日も元気に頑張ります。(6月21日)

◇へんろ道梅雨の晴れ間や風わたる(6月23日)

◇昨夜からの雨、今は小降りで小康状態に……いつまた強く降ってくるか不明なので、午前中にかせぐだけかせぎ、前へと進もう!! ここからまっすぐ国道55号で美波町へか、途中から県道25号で由岐、田井ノ浜、木岐と山座峠を歩くか、思案中ですけどネ。では一服できたので出立ス。雨やんだGO!(6月27日)

◇福井ダムを横目にみながら小休止。歩き通しは先が見えず、時折不安が襲ってくる。はたして通せるか。足はもってくれるだろうが。とりあえず歩こう。(6月27日)

◇ネパールのカトマンズに住んでいます。野宿しながらの歩き遍路です。(7月23日)

◇平等寺から休むことなく歩き通し、やっと休憩所でホッとしています。毎回ヘンロ小屋を利用させて頂き、今回はどんな形の小屋かと楽しみにしています。(7月26日)

◇朝早くから楽しく歩いています。68才老人です。おもてなし、ありがとうございます。(7月27日)

◇お接待でお茶を頂き、行き帰りました。今日も元気に歩きます。(7月28日)

◇きのうの夜から台風12号のために大雨。ひたすら歩く。国道55号にたどり着いて、トンネルの中の「室戸まで96キロメートル」という表示をみて、ぼう然とする。とりあえず薬王寺に向かって大雨の中を歩くのみ。(8月2日)

◇平等寺から来ました。今日、薬王寺巡ります。徳島最後の1日となり、淋しいような、室戸に向かう新たな気分になる。(8月7日)

◇お遍路をはじめて、はじめて雨にふられました。薬王寺まで歩き、ゆっくりつかろうと思いました。(8月16日)

◇今日は両親の結婚記念日!!両親に感謝し、仲良くやっていけるように祈りながら旅をします。(9月5日)

◇静岡県沼津から自転車で来ました。休憩所があって、とてもありがたいと思います。(9月10日)

◇平等寺から来ました。途中、休む所があまりなく、太陽をしのげる休憩所があり、大変ありがたいです。今日は敬老の日。すべての家族みんな仲良く平和の過ごせますように!(9月15日)

◇ひとり遍路旅ははじめてで藤井寺から今日で6日目です。足が棒状態になって、どこかで休める所はいかな……そんあときにこれらへんろ小屋の存在はとてもありがたいです。ほと一息つけて、また頑張ろうという気になります。(9月22日)

◇へんろ小屋有り難うございます。残念なのは投げ捨てたゴミの多いこと。私達全員、皆がゴミは持ち帰るように。(10月3日)

◇阿波一国めぐっています。あと薬王寺さんだけです。がんばります。ぜったい歩いて88ヶ所周ります。56才、阿波男。(10月3日)

◇薬王寺あらノンビリ歩いてきました。台風は夜のうちに通り過ぎてくれ、気持ち良い空です。きたがわちから少し先のドライブイン海賊船のところに新しいヘンロ小屋が完成間近です。たbん52号になるのでしょう。確実に増えているのは喜ばしいのですが、完成後の管理についておきっちりフォローしないと、ゴミの散乱になります。ほとんどのところはきれいに管理してくれていますが。四国では地元の企業さんが自分の敷地内に休憩所たててくれるのをよくみます。そういうところは従業員の方々がきれいにしてくれてるようで、気持ちいいです。お四国が地元の人に愛されてうれしい。(10月6日)

◇I rested here! This hut is great.(アメリカ、10月9日)

◇おなかがすいたけど休むとところがなく、こちらをみつけて時は、ほんと心強かったです。(10月19日)

◇朝からの雨で白衣もびしょぬれ。安あせてもらって一息できました。薬王寺までがんばります。(10月20日)

◇自転車でへんろしてます。今日は雨でびしょぬれ。23番で今日は終わりにしようかな。88番までがんばるぞう。(10月20日)

◇歩き遍路を日帰りでやってます。今回7回目の日参。初めての巡礼です。初心者で、いろいろポカもありますが、全て笑えて楽しいです。今日は平等寺さんで前回の続きを始め、薬王寺さんを過ぎてどこまで行けるやら。次回の長い道中のために、今日のうちのできるだけ先に進んでいきます。皆さんの旅が、良い日々でありますように。(10月23日)

◇隣の看板の11劼脇和佐道路経由宇であることにご注意。自動車専用道、歩き遍路は×。(10月27日)

◇Thaks for the great spot to rest!(ニュージーランド、10月29日)

◇うす曇りで、歩きやすい日です。ここでお弁当を食べさせていただきました。肩の痛みが取れて、次に歩く力が湧いてきました。(10月31日)

◇雨が降ったので、休ませてもらいました。1番から完全歩きなので、足がつかれます。

◇ちょうどお昼時、お弁当をたべさせていただきました。地域の人々に、家族に、元気で歩けることに感謝、感謝の毎日です。(11月2日)

◇震災後、久し振りのお遍路です。いろいろなことがありましたが、皆に助けられて感謝です。(11月5日)

◇18年ぶりのへんろです。元気で歩けるのが楽しいです。ただ、この小屋は国道55号線そばなので、車がすごいです。(11月8〜9日)

◇歩きのお遍路さん、あまり見かけませんが、このノートを見て、みなさん頑張っているんだなあと思いました。明日はまた、千葉に帰る日。現実に戻ったら、また精一杯がんばります。(11月11日)

◇休ませていただいてます。人生最後の遍路となるでしょう。73才です。休憩所の記録ノートを見ると、皆さんから若さやエネルギーをもらえるのです!!「甲高い遍路の声を鐘が止め」。(11月11日)

◇約1年半振りに遍路に出てこれた。昨年、骨折し、その後途絶えていたため、二巡目。逆打ちをしてやっとここまでこれて有り難いと思っている。区切りながらなので、4〜5年かかっているが、是非二巡目を終えたい。いささか高齢(78才)なので、しんどいが>(11月12日)

◇おへんろ小屋、本当に有り難いでうs。トンネルの中歩くのは車の音においかけられているんで、こわいです。トンネルを出てほっとしました。おへのrさん皆が無事目的地に着かれることを願っています。へんろ道を歩いてくる途中、ゴミすてられているのを見て、少しさみしくなりました。どうかきれいなへんろ道で世界遺産に残してほしいです。世界平和、被災地の早期復興を願いながら、へんろを続けたいと思います。(11月13日)

◇逆打ちでようやく徳島に到着し、あとしばらく頑張って結願します。(11月21日)

◇まだまだ先は長いけど、ガンバスぞ!!(11月23日)

◇朝食をとっています。おにぎりとキュウリの浅漬け、それとお茶。うまい!(11月24日)
◇やっと一息つけました。歩き遍路を今日で7日目です。かなり疲れがたまってきていますが、なんとか完歩したいです。そして結願目指します。(11月24日)

◇初めての遍路。初めての雨の中、休けいさせてもらいました。薬王寺へ行って、一旦大阪に帰ります。(11月27日)

◇三重県から自転車で九州まで2週間で行き、帰り道に呉市の大和を見て、尾道からしまなみ海道を通り、今治〜香川県から徳島県、高知県と四国一周せいはをするつもりです。北は北海道、南は沖縄もせいはしていまして、のこる四国一周すれば日本一周せいは。(11月27日)
◇海沿いの道を薬王寺に向かって歩きます。お天気には恵まれ、楽しい歩きができそうです。(12月5日)

◇後から来る人、がんばって!!(12月7日)

◇<広島から来ました。歩いておへろをしております。本日は5人で回っています。チーム名はヒロボーおへんろクラブです。ヒロボーは広島県の府中市にあるラジコンヘリを作っている会社です。いい旅になるおtいいせすね。(12月7日)

◇辺路小屋の存在がありがたいです。道しるべもほんとうに助かります。地元の皆さまに支えられて、遍路を続けることができます。徳島県、大好きになりました。私も誰かのために何かをしたくなりました。(12月11日)


【2015年】

◇あけましておめでとう!平等寺からがんばっていますが、雪がふっていてたいへんでした。ゆっくりやすませていただきました。徳島・小学校5年。(1月1日)
◇平等寺から薬王寺に向かう途中、由岐周辺宿泊しようと電話したところ、風邪がはやっていて全滅。仕方なくキャンプさせてもらいます。(1月5日)

◇一ぽ一ぽ、また一ぽの大切さを味わっております。なんとかなるさ、で歩きます。(2月3日)

◇歩きながら、いろいろtp気づくことがあります。自分なりに世界を認識すること。そこから思考が生まれてくる。(2月6日)

◇感謝の日々。あrがたいことばかり。(2月9日)

◇へんろで歩いています。今日は天気がいいのえ、まだいい方ですが、雨が降ると動けなくなり大変です。休憩所が所々にあるので、一休みしながら行きます。(3月2日)

◇ザックを背負いなおして一休み。今のところ順調です。あちこちの善根宿でお世話になっており、地元の方のご厚意にただ頭が下がるばかりです。(3月6日)

◇大根峠を越えて来ました。阿波一国巡りも終わりに近づいてきました。名残惜しいので、近くで一泊して帰県します。次は土佐一国巡りで〜す。楽しい遍路旅をしてま〜す。(3月16日)
◇今夜はうみがめ荘に泊まる予定です。翌朝は薬王寺に参詣してから鯖大師に向かう予定です。夫婦2人連れの歩き遍路です。(3月18日)

◇坂口屋を出発して来ました。今夜はうみがめ荘。歩き初めてから8日目です。キツイ!!しかし、へんろの赤マークには勇気づけられます。仙台市から来ています。妻は電車でうみがめ荘へ。(3月20日)

◇福岡から歩き旅をしています。山陽道、しまなみ海道を通って、今四国一周ををしています。(31日目)たくさんの出会いがあり、ここヘンロ小屋でも素敵な出会いがありました。↑上のお二人。皆さんも良い出会いがありますように!合唱(3月20日)

◇○○痛みが和らぎますように! ○○安産でありますよう。皆様のご無事をお祈り申し上げます。

◇前日、数珠と手ぬぐいを無くしてしまい、つかれていうr時は無理をしてはいけないと思いました、集中力が低下しますのえ。今夜、夜行バスで東京に帰ります。23番→温泉→徳島駅→新宿(4月4日)

◇辛いです、苦しいです、でも頑張るぞ。(4月13日)

◇昨日の鶴林寺、太龍寺の下りで、膝の調子がいまいち。焦らず、ゆっくり参ります。途中、著莪の花が5 0メートルほど自生していました。祖母父も兄も浄土や著莪の花(4月21日)
◇この遍路小屋に来るまでのトンネル怖かった。遍路道からいきなり車がビュンビュン通る所へ出た時も。無事に歩けてよかった。これからも車道通る事多いので、注意ですね。でも、歩き遍路は楽しい!(4月26日)

◇自戒の念をこめ一言。とにかく日本人はあせりすぎ、あわてすぎ。もっとゆったり笑顔でいこう。笑顔のあるお遍路になりたい。(4月29日)

◇毎日好天続きで助かりますが、大分陽に灼けました。(5月1日)

◇坂口屋から22番をお参りして来ました。ここまで歩いてきました。疲れました。休憩所ありがつございます。今夜は橋本屋にお世話になります。明日は23番を終えて、滋賀に帰ります。今回は2回目で18番から23番の予定です。前回は1回目で1番〜17番をまわりました。次回は3回目で24番〜?番をめざします。夫婦2人(64才、57才)、兄(57才)。(5月4日)

◇新野駅から歩いてきました。私は歩きながら地元の方とお話をするのが大好きです。お寺へのお参りよりも、こっちの方がお遍路する目的かもしれません。今日も朝からいろんあ方とあいさつしながら、ここまで来ました。人との出会いを大切に楽しみながら歩きます。ほてった足を休ませてもらいました。(5月5日)

◇二十二番平等寺からの途中、新野町あたりで、地元のおばあさん(85才位?)から、100円玉をいただきました。感謝、感謝!!人は人の生かされている!と思いました。阿波の人の素晴らしさ、歩けることのありがたさ。(5月5日)

◇お遍路ではないのですが、大変助かります。また、お遍路さんとの出会いもうれしく思います。(5月8日)

◇ヘンロ小屋鉦打をご利用いただき、ありがとうございます。お遍路されている皆様、ごくろうさまです。いつも小屋をきれいにご利用していただき、本当に感謝しますとともに、旅の御無事を祈っております。どうか、お気をつけていってらっしゃい。(自称・管理人)(5月10日)
◇5回目歩き遍路。今年は「切り打ち」遍路。阿南市新野町で地元の皆様3人からお餅の接待頂きました。心から感謝。この小屋で、お腹がすいたので頂きます。感謝、感謝です。(5月9日)

◇福井の汽車の時刻に間に合わず、美波町まで歩こうと決意し、歩いている所にヘンロ小屋を発見!!みなさまの日記をよんでいました。自身ヘンロではないのですが、ヘンロ小屋はたいへんありがたいt思いました。おへんろさん、がんばって歩いてください!!応援します。さ、歩くかぁ〜!!(5月11日)

◇Thank you for this rest stop.(カナダ、5月19日)
◇早く海がみたいです。あと初カツオ。おいしいだろうなあ。まだ欲が多いです。トホホ。(5月19日)

◇車で八十八を走っています。今は晴れて暑いです。(5月22日)

◇気持ち良い涼しい風がとても有り難い。痛い足と仲良く、四国一周します。体が元気になるのを感じます。汗を流して働き、歩けることが幸せ。1つずついろいろな事に感謝できてうれしく思います。(5月22日)

◇足痛くて、心折れそう。なかなか海が見えず、きびしい修行です。(5月23日)

◇天気でよかった。このまま今日も雨が降らぬこと祈っております。(5月24日)

◇由岐の海が見たいですネ。雨なしで来てます。しあわせ。(5月26日)

◇またまたナイスな休憩所を発見!! お遍路サイコー!徳島サイコー!!(5月29日)
◇最初は初日、辛くて帰ろうと思ったけど、3日すぎると、体がなれだした。早く、室戸岬が見たい。(6月7日)

◇平等寺から区切り打ちで初日ですが、雨になりました。梅雨に入りましたが休憩所で休みながらマイペースで行きます。(6月8日)

◇梅雨の晴れ間、夏の日差しで汗が噴き出します。(6月13日)

◇昨日は小雨の中、19→21。本日は晴天22→23。荷物が重い。小屋の中は涼しくて助かります。(6月28日)

◇自転車にてヘンロ中です。徳島の皆様は本当に優しい方ばかり。ひとこぎ、ひとこぎ、感謝をこめて進みます。(6月29日)

◇やがて来る日を心に想い、一人の旅を終える。次の世に幸多かれ。(7月4日)

◇平等寺に昨日お参りさせて頂いて、キクヤさんの善根宿でお風呂とおふとんにつつまれえぐっすり、すやすや?旅の疲れも足の痛みもすっかりいやされて、朝7時半に出発!林の中のすがすがしい道を歩けて、とても嬉しく思います。バス釣りの中学生にも会えて、すばらしい今日のの始まり。ここでしばらく休憩させて頂き、背中の荷物をおろせて、ありがたい。もう少し、行けるところまで、がんばってみる。(7月15日)

◇昨日、平等寺参拝後、隣の民宿山茶花泊。今日は薬王寺まで行きますが、自分は神社も好きなので、新野駅近くの「室姫神社」(極めて珍しい神社)をおまいりし、新野−福井を経て、現在ちょっと味見をにやって来ました。自動車専用道路と聞いていましたが、遍路も使えるようなので、歩道のある2つ目のトンネルまで行って、下の一般道を目指そうと思っています。峠の風が心地よいです。(7月20日)

◇昨夜、東京から夜行バスに乗り、今朝8時、JR阿南駅に着きました。JR桑野駅まで乗り継ぎ、そこから22番平等寺系夕で歩いています。昨年1番〜22番を歩いたので、今年は22番から34番までの8日間で歩く予定です。遍路休憩所も含め、遍路へのいろいろな心配り、感謝申し上げます。(7月23日)

◇皆さん、おはようございます。お遍路の皆さん、今年は特に暑く感じられる毎日です。どうか水分と塩分または、休憩をとりながら、ばんばってくだしあ。旅のご無事を祈っておりますあ。(8月2日)

◇雨が降らんので、あつくてあまり進まん。多少、夕立がほしいわ。でも、台風だけはかんべんしてくれい!歩き3日目。(8月2日)

◇はじめて自転車のおへんろ。少しだけわくわく。でお、やっぱりわくわくじゃなくてこわいし、上り坂がすっごくこわいし、上り坂がすっごくきついです。父と2人で、ままにあえないのがとってもかなしいし、泣いちゃう宇。23〜24の寺が75.8辧つらい。はやくままに会いたいーーー!5年生。(8月7日)

◇膝の痛みに耐えかね、ここで一晩休ませて頂きます。なかなか思い通りには進みませんが、それがボヤキで済むのも、この小屋があるおかげです。(8月17日)

◇本日区切最終日。由岐電車に乗るか、日和佐まで行くか、なやみどころです。厚くとも雨より晴天が、歩くには良いです。20・21番の山中では蜂が大量に出て、ブンブンブンブンまとわりつかれて大変でした。一休みしたら、弥谷観音に寄ります。(8月22日)

◇I am walking with “tough man”wh0 comes from Osaka.Suddnly heshouted out “I need rest.I need rest”.That’s why we stppede here.This hut helps alot.(9月11日)

◇平等寺から薬王寺に向かい途中、休ませてもらいました。9月も末とはいえ、まだ陽射しは強く、汗ばむ日が続いています。そんな中でのへんろ小屋。たすかりました。(9月29日)
◇今日は由岐まで歩いています。道すがらに出会って休憩したじいちゃんおt一緒に股進みます。ゆっくりゃすみました。ありがとうございます。(10月6日)

◇思うところあって遍路旅をしています。心温まる人々に出会い、心に余裕も生まれました。(10月19日)

◇多謝提供小屋給遍路人休息!(台湾、10月24日)

◇風が気持ちよい。が、私は思ったルートをまちがえて歩いてしまい、ここへは偶然来た感じ。このノートを読んで、8日目にしても、まだまだ余裕がなくて、感謝の足りない自分を反省中。もっと覆った通りに信じて、ぶれずに歩き続けたいものです。すわって、考えゴトのできる時間をいただけてる私。ぜいたくです。四国にいるんだから、そんな自分をもっと信じよう。(10月28日)

◇横浜から、70才、68才、二人歩き遍路です。今回で二度目。「通し」でと想っています。疲れたー!と想ったところに有り難い休けい所、本当に助かります。トイレがないのが不便ですが、私はトイレ済の紙だけ持ち帰るように心開けています。そのような提案をどこかで誰かが伝えて、紙だけ持ち帰ると、自然にもやさいしのではと想います。(10月29日)

◇区切り打ちで、今日は3度目の徳島です。来るたびに徳島の方の心の優しさがとても有り難いです。歩き遍路で88ヶ所を廻った時、どんな風に感じ、考えるのか。1200年も続くゆえんは何なのか。人それぞれに巡礼する理由も違い、出会いが広がっていくのも、お遍路さんの魅力なのかなあとと想います。一期一会に感謝しながら、先達の方に励まされながら……。一歩一歩前に進みます。(10月30日)
◇22番平等寺横、山茶花さんから本日スタート。2日前位から左ひざがかなりいたく、足をひきずってる状態。普段のバチがあたってにるんだと思います。でも心と気持ちはなぜかスッキリ前向き。この遍路旅で本当の自分を見つけようと思います。遍路のみなさん、あせらず生きましょう。

◇お遍路日誌の所、失礼します。僕は現在、日本一周を走っている者です。立ち寄ったので、書かせて頂きます。走ることが好き。旅が好き。もっと日本を知りたい。そんな願いで、日本一周☆旅ランをしています。東京をスタートし、早2カ月。南下中です。皆さんのお遍路も健康で無事結願できることをお祈りいたします。(11月5日)

◇4回目のおへんろ。11/24に岡山より高速バス→徳島駅。徳島バスの路線バスで沼江不動前バス停下車。4卻發い洞盪劼笋気麈顱6:45スタート。鶴林寺〜太龍寺〜平等寺へ。山茶花泊。AM9:15ここに到着。今日は薬王寺まで。そのあと、どこまで行けるか未定。岡山県井原市、ちんたらヘンロのおやじ59才。(11月27日)

◇自転車でまわってます。今日は23番前のキャンプ場で泊まる予定です。休ませてもらいました。キレイで居心地よく、休みがとれました。(12月17日)

◇区切り打ち最終日。雨で休む場所がなく歩いていたので助かりました。9/1に、次男が25歳で自死の道を選び、逝ってしましました。今は只、お遍路で歩くことで救われています。心おきなく、留守を守ってくれている家族、道中であたたかな声をかけてくださいる四国の皆様に、心より感謝いたします。(12月22日)

◇自転車・朝・徳島市−−夕・室戸への途上、一服させてもらいました。次は徒歩で来ます。(12月28日)




【2016年】

◇1番から9日目。ゆっくり歩いて行きます。(1月19日)

◇なかなかゆっくり休める所がなかったので、たすかりました。(2月8日)

◇山茶花からゆくり歩いてきました。トンネルはマスクが必要。これから薬王寺へ向かい、泊まり予定。(2月8日)

◇辺路7日目。ここ数日の疲労がたまり、特に肩、胸部の痛みがつらく、そんな時の休憩所はありがたく思います。これから由岐町へ行き、病院で見てもらう予定。ゆっくりマイペースを心がけます。(2月8日)

◇久々のつづき、楽しませていただいています。雨。それもまたよし。(2月13日)

◇お手水に梅の花びら浮いており(2月14日)

◇山茶花より歩いてきました。左足の痛みがなかなかぬけず、こちらで一息くかせてもらいmした。春休みしか歩けないので、どこまで行けるかわかりませんが頑張りたいと思います。(2月25日)

◇四国一周のため、自転車で兵庫県尼崎市からきました。まだ二日目ですが、昼夜の寒暖の差に少し披露が出てきました。ですが、前からやりたかったことなので、なんとか達成したいです。(3月3日)

◇自転車で四国一周のため兵庫県尼崎市から来ました(上の人と一緒に来ています)。今日は室戸岬まで向かい、明日は高知市内で一杯やるつもりです。ちなみに私は大学4回生で卒業指揮が3月12日とせまっています。ぎりぎり帰れるか帰れないかの瀬戸際とあって、あせっています。お金もなく、道の駅暮らし状態です。道の駅にて「四国一周チャリ旅(女の子の絵つき)」を見られたら、話しかけてください。(3月3日)

◇埼玉県から来ました。2/29から歩き出し、今日で7日目です。初めての遍路で、通し打ちで高野山まで行く予定です。現在10:45。雨が降ってきたので立ち寄りました。こちらのような遍路小屋が多く助かります。(3月6日)

◇さおと一緒にがんばります。ゆきと一緒にがんばります。(3月7日)

◇祖父母と一緒に来ました。今日で最後ですが、最後までがんばろうと思います、(3月7日)
◇広島からの歩きヘンロです。3/3に霊山寺を出て、やっとここまで来ました。足が痛いです。とりあえず前へ進みます。(3月10日)

◇へんろ旅8日目。ごえんがあり3人で途中までご一緒。ごえんが大切な旅。(3月10日)

◇1番から歩いて今日で7日目。足の筋肉痛が癒え、快調に歩いています。丁度よい処に休憩所があり、感謝です。今日はあと5K地点で宿に入ります。(3月17日)

◇お遍路って、いろいろな事に気づけますね。自分の無謀さ、人の頑張りや暖かさ、そしてこのように休憩できる小屋があるありがたさ。様々な方との出会いもあり、本当に勉強になりました。今日は由岐まで進もうと思います。明日は薬王寺。今回のゴールです。ゴールを気持ちよく迎えられるよう頑張ります。(3月20日)

◇平等寺近くのJR新野駅から23番を売って、行ける所まで「行って、今日エヒメに返ります。昨日は外国人2人と日本人4人の行列遍路でした。本日は同行二人です。(3月28日)

◇Thank you.感恩。From Hongkong.(3月29日)

◇一人歩きのお遍路で今年75歳。人生のふし目と思いチャレンジしましたが、非常にきついです。少し認知症のケハイあり、皆様に心配をかけますが、宜しくお願いします。(3月30日)

◇どこで泊まろーかなー……もちっと進むか。(3月30日)

◇立派な休憩所ありがとうございます。道々教えてもらったり、こうした休憩所で休ませてもらったり、徳島県のおかげで歩く事ができていると痛感しています。それと「同行二人」です。1番から打ち始めて、今日で7日目です。昨日、今日と雨で、汗と雨でびしょ濡れ。荷物を置く場所もなく、地図も広げられず、本当に休憩所はありがたい。(4月4日)

◇昨日は20〜21間の小学校にて野宿。とりあえず薬王寺迄行ける所まで行ってみようと思います。(4月11日)

◇Nice hut.70/100! If only there is water and electriscity would 120/100.(4月16日)

◇13年前に妻と1回目遍路。のべ88日かけてようやく結願(遍路半分、遊び半分でした)。今回は1人旅。この先、何日かかるかわかりませんが、四国路を楽しみながら歩きます。四国路道中にあり! 札所より宿がうれしい老遍路(4月19日)

◇おへんろ小屋、整備ありがとうございます。大変助かっております。今日は平等寺さん7時発でこの時間になりました。途中、この道に上がってくる小道をまちがえ、危ないへんな所 を登っていたら、下の民家の方が「そこは行かれへん! もっと下を曲がるんや!」と声をかけてくださって、大変ありがとうございました。雨でカッパを着て、下ばかり見ていたため、左へ曲がる竹林のしるしを見落としたのです。おじさんが、その分岐まで来て下さり、「ここや !」と教えて下さいました。「雨の中、難儀やな」」とも。本当にありがとうございました。(4月27日)

◇大阪からスーパーカブツーリング!少し疲れたところで休けい。リフレッシュできました。(4月30日)

◇昨夜の雨はひどかったが、一転今日は快晴、夏日。15年ぶりの歩き遍路。へんろ小屋や標識が増え、便利になりました。四国の自然は変わらずスバラシイです。また、いつか。(5月4日)

◇私、鉦打誠之助です。自分の先祖の地に、福岡から来ました。風が強い1日でした。また、いつか来れたら来ます。(5月3日)

◇休憩所、謝々。(台湾、5月5日)

◇キクヤから平等寺、歩きできました。今日で8日目です。曇で時々雨が降り、ペースが落ちてきましたが、薬王寺めざして歩きます。(5月28日)

◇雨のお遍路は厳しいですね。頑張って薬王寺をめざします。(6月7日)

◇長い道のり、リフレッシュして薬王寺まで頑張ります。(6月8日)

◇平等寺から出だし、いきなり道まちがえ、ようやくここまで。ちょっと一服させてもらってます。(6月13日)

◇8時に平等寺を出発、2時間半かかって、ここの到着。72才の歩くペースとしては、こんなものかな。今日夕方までに薬王寺につけが良いと思い、スローペース。徳島県の最後の寺になりました。これで一度横浜に帰り、次は高知県から始める予定。只、無心に歩くのみ。未だ心の変化は見られず。(6月15日)

◇キクヤ荘を出発しての遍路すがらは、霧が立ちこめていましたが、進むにつれて霧も晴れて、すでに汗だくの、つゆだくの状態になっております。7月2日のことです。太龍寺の参拝を終え、へんろ道をくだること4K余り、田畑が続くカーブを曲がると、突然山はだ一面のあじさいが咲きほこっているのに出くわせました。龍山荘の横です。あっかんです!一面のあじさいは好きでよく見るほうなんですが、山はだ一面のあじさいは初めて見ました。(7月4日)

◇今日は恵みの雨です。台風が近づいてくるようで、明日も雨とか!!お陰様で荷物も今日、明日泊まるゆき荘さんに預かってもらい、ゆき町通り越してでも、距離を伸ばしておこうと思います。この道25辧次は75.8劼世辰燭な?(7月8日)

◇良い天気で暑くなるそうです。体調に気をつけて、歩いていきます。(7月15日)

◇今日は室戸岬まで!!かな? 朝から曇っています。予報では昼3時頃から雨。どこまで走れることやら。少々ばて気味。(7月17日)

◇今日は立江寺を朝4:30出発。鶴林→太龍→平等寺をへてただま16:20。ゆっくり休憩させていただきました。あすは薬王寺です。あさっては室戸予定です。今日は由岐泊まりかな。(7月24日)

◇ちょいとコーヒータイム。休憩ありがtぷございます。太龍寺まで頑張ります。(7月28日)

◇夏休みを利用して、お遍路にきました。以前、薬王寺まで打ったので(いや、鯖大師までいった!)今回は、高知です。来年は大学受験の年。今回しっかり「修行」して、頑張りたいと思います。自転車遍路で、徳島港からここまでずっと来たので、疲れてきました。このお遍路小屋で助かりました。あと100甸萃イ蠅泙后(7月30日)

◇逆打ちなう。道中、自転車遍路(上記の人だろうか?)とすれちがう。「室戸まで行く」と言っていた。しかも夜通し。「しかし、やめておいた方がいいいぞ」とも、言っておいた。東洋町、室戸市までの道のりは、野犬と野生nサルが出没するのだから。特に夜は。それでも行くという人は、覚悟を決めておくべし。(7月30日)

。◇6月1日に大窪寺。7月ももう終わり。青葉だった稲が穂をつけて頭をたれ、黄色くなってきた。明日より8月、信じられない。数日前、室戸おり55号を夜通しで歩いた。猪が出た。サソリ座が綺麗だった。動物は繁殖期以外はおとなしいので、金剛杖で追い払えば問題ない。それにしても、薬王寺からここまで遠かった。(7月31日)

◇8:15平等寺より着。蛇トカゲ カニも横切る遍路道(8月19日)

◇家族に感謝しながら、道徳心のある男を目指して歩いています。(8月29日)

◇おへんろの半分?は地域の人のやさしさと、半分は道の険しさの肉体のつらさで、できているのか? えいえんに何の利益も求めず続けてほしい。四国という島はすばさしいものを持っていると思う。(9月16日)



◇23番に向けてただ歩く。空とにらめっこ。昨日は大雨。今日は? 菜とかたどりつきたい薬王寺。なかなか道は遠いものですね。でも一歩進めば一歩近づく……頑張りましょう。何よりありがとうございます。(9月23日)

◇この場所で落ち着いて傷の手当ができました。(9月30日)

◇逆打ちでお遍路してます。自分自身何も変わっていないと思います。ただ、四国のすばらしさと四国の人尾優しさは忘れない! あと数日ですが大切にしたと思います。(10月10日)

◇今日は立江寺から山越え、峠越え。もうこれ以上、進めません。一泊お世話になります。とにかく、足が疲れて……(10月10日)

◇感謝歌一洋先生(台湾)(10月16日)

◇天気晴。薬王寺を目指し出発します。弁当を食べ元気になりました。へんろ小屋ゆっくり休めて助かりかした。すべってころんで、つまずいて。私の人生のような遍路の旅です。(11月2日)

◇強風と天気予報はずれの小雨に降られ、まいっているところにここの遍路小屋。助かりました。(11月6日)

◇逆打ちで参拝させて頂いています。本日で33日目。今日は薬王寺さんから平等寺さんへ。途中この遍路小屋にて小休止させていただきました。のんびりゆったりのペースです。(11月7日)

◇足休めに寄らせていただきました。あるき野宿無銭へんろ6周目通し打ちです。昨夜はキクヤさんの善根宿をお借りし、久し振りにあたたかきおふとんに包まれて休むことができました。ありがたいかぎりです。今日もいい出会いがたくさんありますように。笑顔で一日いられますように。本日はまことにお世話さまでした。“よさげなる人と笑顔にであいたく”(11月22日)

◇初の野宿でした。これからがんばって高知へ向かいます。(12月9日)

◇9:20着。8日目です。無事88ヶ所達成させたいです。(12月19日)

↓小屋に置かれたノート




【2017年】


◇寒い中歩き、一休みさせていただきました。道の駅を出発し、23番を打ち、ようやくここまで来ましたが、8;30の時点で久望トンネルの温度計は「−3度」。昨夜は道の駅で寝ましたけど、「寝る」というより。震えながら朝を待つだけでした。(1月11日)

◇巷はバレンタインで、私の友達もきゃあきゃあ騒いでいるのかなーと、1人(いやお大師様と2人か)チョコを食べて休ませていただいています。高1、16才。少々心細い思いもしmしたが、お大師様や仏様のおかげもあり、こうして歩かせていただいています。今日は薬王寺まで。頑張ります。(2月14日)

◇足が痛くなったので休ませていただきました。(3月2日)

◇孫のひな祭りだな。畑では作れぬ豆が足に出来 足の豆肥料なしでもよく育つ(3月3日)

◇昨年12月に1番から22番まで歩く。3月は22番から37番を目指す。無事に歩き遍路が続くように。(3月15日)

◇昨日のタコは痛みがなくなり、歩けるようになった。これなら先を続けられる。雨の予報が少しずれて夕方からとか。これも助かった。安全に国道を歩いて結果良し(逆打ち)。(3月17日)

◇11回目の逆打ちヘンロです。今日は風がとても強くてはだ寒いです。(3月21日)

◇薬王寺より逆打ちで平等寺へ。毎月通いで4〜4日打っています。昨年6月から始め、来月結願予定です。今日は2日目頑張ります。南無大師遍照金剛。(3月23日)

◇1番から始めて区切り打ち23番薬王寺迄です。1週間があっという間に過ぎ、本日が区切りの最終日。この続きは来年かな?(3月23日)

◇雨で途中迷いました。下を見てると道案内が見えず、竹やぶへ行っておかしいな、と思い引き返しました。そう、人生もおかしいな?と思ったら、違う道を探すことも大切と教わったような気がしました。(3月31日)

◇今日で八日目。色んな方の後押しで、ここまでこれました。前回同様、マメに泣いていますが、マメに治療して、八十八番まで行きます。頑張るのではなく、努力します。(4月1日)

◇今日で23番に区切り打ち官僚。苦しい事の方が多かったような気がするが、貴重な体験をさせてもらいました。<(4月7日)BR>
◇今日一国区切りです。自分をみがく事ができました。(4月8日)

◇(ハングルで書かれたものを翻訳)この近所の宿屋で、韓国大統領が嫌いという理由で宿泊を拒絶されえ、とても悲しいです。優しさを期待していたのに、予想外の反応に、精神がボロボロです。(4月10日)

◇今日はもう限界です。自転車お遍路で通しで頑張ろうと思っていますが、明日は午後から風も強く、雨も降るそうです。自堕落な生活を抜け出すには、こんあ日も耐え抜く必要あるがと思ってのりこえたい。(4月16日)

◇シニア男性3名で4回目の遍路です。今日は天気も回復し、気持ち良い春のウw−クです。3〜4年かけて八十八ヶ所1400kmすべて歩く予定です。歩いて満願のあかつきには、高野山まで大s化から歩いて参るつもりです。(4月18日)

◇愛知から2週間かけて歩けるところまで行く計画のシニア女性の2人遍路旅です。四国の方たちの心温まるお声かけやお接待をいただき、現実を忘れ、今まで知らなかった世界にひたっております。険しい山道では、へとへとになりながらも、何かしら心は充実しております。

◇まーまーの天候で元気に歩いています。(4月22日)

◇地元高知県中土佐町出身、大変な遍路だけども、元気で歩いています。(4月22日)

◇休憩させていただきました。あと少しがんばるぞ!! 四国の方に感謝して歩いてます。(5月1日)

◇岐阜県下呂温泉から来ました。66才おじさんと63才のおばさんのへんてkpペアで、4/ 24、1番〜別格4番鯖大師sンまでの予定です。明日で今回は止めて、又、今秋、高知回ります途中。、いろんな方にお接待いただき、ありがたく思っています。(5月2日)

◇雨が降ったので心配しましたが、晴れてきました。雨具を一時、身につけましたが、雨具なしで今日は進めそうです。あと11K、がんばります。(5月4日)

◇薬王寺まで行って風呂に入りたいです。(5月7日)

◇3日目。今日は薬王寺に行き、歩けるところまで歩きます。きつくて、「なんでこんあことをしているんだろう」と思いつつ、地元の方に声をかけて頂いたりすると、自然とありがたいなと思えてきます。一期一会。お大師様に感謝して88番を目指します。(5月8日)

◇区切り打ち最終日、平等寺まで行きます。食べ物屋が意外と少ないです。日陰で休めてうれしいです。(5月8日)

◇感謝旅、四国国道ルート。巡行です。以前にすべてまわりましたので、3月間迄の余命が今もあり、生きていることに対しての遍路旅です。海岸沿いのみ行きます。当面はR55で高知市迄全て歩きと無銭です。頑張りまs。(5月10日)

◇休憩させていただきました。先程、道行く人より、ゆで卵のsdっ体があり、ココで美味しくいただきます。昨夜、同宿だった人とココで出逢い、へんろ旅の面白さを感じています。(5月11日)

◇トイレがあるとありがたいですね。(5月14日)

◇一休みです。ここまで来ました。お接待など皆様の優しさにふれての旅です。(5月21日)

◇逆打ち日和佐からトンネルを通り、登っては下っての繰り返しで疲れました。重い荷物を背負い歩いていると、つくづくへんろは肉体労働だと思いました。苦に耐える人生と同じそうですが、満願の喜びも待っているのですね。(5月28日)

◇今日でちょうど1週間です。でもあと23番薬王寺で今回は終了ですので、気が楽です。今回の遍路でいろいろな方々とお会いして、いろいろ話を聴けるたので、収穫でした。人それぞれの事情、目的で廻られているようですが、感心します。「心を洗い心を磨く」と考えながら歩いています。(5月30日)

◇今日は、自転車通学の学生さんいあいさつしてもらって、すごいパワーをもらいました。ありがとうございます。(5月31日)

◇6年ぶりに20番から歩き始めました。今日こそ、薬王寺まで(6月6日)

◇数年前もお世話のなりました。ありがとうございます。へんろのルーツのひとつである鉦打をその名に残す場所であるこtに感慨を覚えたものです。○○へ。みてくれるのかな?どうかどこかで、今まで遊んできたように、おもしろいことを見いだしてやっててくれよ。死ぬなよ。絶対だぞ。頼むぞ。大事だからな。(6月9日)

◇○○姉ちゃん(67才)と私(60才)で歩いています。焼山寺つらかった〜、鶴林寺きつかった〜、太龍寺たいへんだった〜。足痛くても頑張ります。(6月28日)

◇朝7時、平等寺出発。フランスの女の子と一緒の宿だたけdp、今どこらへんだろう?朝は天気だったけdp、空がくもり、いまにも雨が……。少しここで様子を見てから、平等寺まで向かう予定です。どうなるものか、先の事は考えても無理だ。(7月5日)

◇また来ちゃった、5周目。あついあつい。早く海が見たいので下ります。海辺で昼寝しちゃおう。(8月2日)

◇初ヘンロ、最後まで行きます。(8月3日)

◇一歩歩けば一歩近づく。(9月8日)

◇高知はまだ暑いなと思っていたら、徳島県に入ったとたん一気に寒く感じました。季節柄と言われたら確かにそうだけど、ここまで急に変わるものなの?とも思っています。(11月13日)

◇50歳になったのをきっかけに、歩き遍路を始めた。ここには人との交わりの原点がある。皆親切で、気軽に話ができる。知らぬ人でも。こうして身の安全と家人、知人の健康と多幸を祈ります。少しずつでもいいから、四国一周できる日が来ることを期待して。(12月31日)


【2018年】

◇今回は由岐ルートを行きます。名刺10枚置いていきます。番外もできるだけおまいりします。(1月1日)

◇太龍寺の向こうから来た。山は登りより下りの方が辛いことがわかった。目的地は海賊船のへんろ小屋。まだまだ遠いけど、頑張るしかない。(1月16日)

◇兵庫県から来ました。日和佐まで行きます。トンネルが無事通過できますように。(2月22日)

◇区切り打ち歩き遍路です。前回は1〜19。今回はどこまで行けるかな・四国の方々の優しさ、心づかいに助けられます。(3月11日)

◇「室戸」の看板の文字を見て、高知が近づいたと感じています。初めての遍路ですが、おととい左指のツメがはがれて、ゆうべの民宿では、一回止めて帰りなさいと言われました。修行の為に来ているつもりなので、だましだまし続けるつもりです。四国の良心のゆな遍路小屋は大変たすかります。(3月13日)

◇辺路9日目。足の指の豆もつぶれてので、なんとか歩けそうです。(3月15日)

◇休ませてもらいました。足のマメが痛いだけ。目的地までガンバルのみ。ガンバルゾー。(3月18日)

◇今日はこちらで一泊させていただきます。遍路小屋、本当に助かります。若い人も結構遍路に来ているのですね。私も20代のうちにと思い、勤めていたお寺を退職し、修行の旅に出ました。携帯や時計も持たず、キャッシュカードも持たずですが、まだまだ上の人はいます。本当に尊敬します。しんどいことは多いですが、弘法さんと二人旅。心が清々しいです。結願まで先は長いですが、ぼちぼち歩んで行きます。天がわが屋根、大地が我が寝床。こんあ生活も割と楽しいかも、ですね。時間をはかるのはお天道さんだけ。こんな生活も、おもしろいですよ。(3月26日)




























(順次、追加します)





↓ヘンロ小屋4号鉦打

戻る