高知県土佐清水市、ヘンロ小屋20号・足摺の「ヘンロ小屋ノート」から抜粋



【2016年】


◇けしきがキレイだなあ。(11月3日)

◇西海岸の美しい景色を見たから歩いていけます。(11月5日)

◇旧へんろ道を歩いてきました。新トンネルを利用する人が多く、旧へんろ道は荒れていると地元の人から話を聞きましたが、まったくその通りで、枯れ枝や草に覆われていました。少し残念に思いました。今日は快晴、海も空も青々してきえいです。(11月9日)

◇昨日の大雨から一転、素晴らしい天気。景色に見とれながら歩いていきます。(11月22日)

◇歩いて22日め。金剛福寺へ西回りで向に石碑「観海観波。帰ってから意味をしらべます。(12月13日)

◇前日の大雨から一転素晴らしい天気。景色に見とれながら歩いて参ります。

◇It is wonderful to be here.(イスラエル。11月23日)

◇歩いて22日目。逆打ち。金剛福寺に西回りで向かっています。(11月24日)

◇ゆったりさせてもらいました。トンボの季節が楽しみ。(11月28日)

◇逆打ちで来ました。前日は夜23時に大津バス停直。夜歩くのもおつです。今朝は5時半出。日の出を見ながら来ました。素敵な休憩所ですね。テントも張れそうだし……。

◇逆打ちでやってきました(歩き遍路)。あと少しで金剛福寺(足摺岬)。あこがれです。(12月24日)

◇子供のような字を書く63歳の男性です。今日はここで、テント泊をします。今年中には、観自在寺まではお参りする予定だったのであったのですが、室戸での暴風雨、焼坂遍路道での大雨で引き返し、さらに土佐佐賀での雨(多雨)の車泊。そうそう、岩本寺まであと約10キロという所での胃痛で寒まで薬を買うため、JRでの往復で時間を取られ進めずと、予定はあくまでも予定であったという事です。「もういいや」という気持ちで、今日はさっさとテントを張り、ここで泊まることに決定です。打ち戻りで真念庵を経由すれば、延光寺で年越を迎えることが出来るのですが、やはり月山神社詣りを終えてから延光寺へ打ちたいと、これもあきらめました。(12月29日)







【2017年】


◇歩き6回目、無銭へんろ野宿です。足摺は雪が舞って、その寒さの中、金剛福寺門前、今日も笑みの花が咲きました。笑みの花咲きてなごみのやぶ椿。(1月23日)

◇久し振りに良い宿に泊まりました。歩きヘンロ割引?で、2食付き6000円です。夕食も大変おいしく、お昼のベンツまでつけてくれました。ここから1.2Km、ガソリンスタンドのうら、民宿・田村です。10回目のヘンロです。高知はなぜ『歩きヘンロシール』が少ないのか? 地元のひとに聞きました。『あんな物があったら、……なので、わたしらがみんなではがしました』です。道に迷うがゆえに、三界はかべなのです。(2月15日)

◇区切り遍路。逆打ちもようなく38番まで来れました。いろんな方々に感謝です。これからも皆さも安全に旅が続けられますよう願っています。西海岸の景色はきれいだったので、こっちから来て正解でした。(2月27日)

◇すずしく、景色もいいスポットです。(3月5日)

◇蛙が鳴き始めました。昨日、久百々から再スタートです。昨年のリベンジ! といっても一週間だけで、家に帰ると妻の不機嫌が舞っています。ひと雨を梅の花見てやり過ごす。(3月13日)

◇清水から帰り寄る。ダルマ夕陽中ほどまで入る。PM6:15二人来る。(3月21日)

◇It7s raining so I stopped here to sit in a dry spet and have a snack to eat.Thank you for providing this great shelter.This pilgrimage has been so difficult but the support from the people of Shikoku,including the−se rest huts,has made it possible for me tokeep going.I slso really enjoyed the photos.(カナダ、3月26日)

◇見晴らしの良い休憩所に出逢えて、心も体も休めることができました。写真にもいやされました。(3月28日)

◇昨年に引き続き、足摺の西岸を歩いています。昨年も晴天。今回も晴天で気持ちよく歩けます。来年も歩けるかな。(4月4日)

◇喜寿を迎え、2回目の歩き遍路です。今回は、別格20札所も打っています。明後日は月山神社に参る予定です。(4月19日)

◇久しぶりのデート。32年ぶりです。(笑)もう、おっさん、おばさんになってます。いつまでも元気でいましょう。(4月22日)

◇久々の天候に恵まれました。今回初めての遍路ですが、高知県を巡礼するうち、歩き遍路の表示(シール)の少なさに気づきました。徳島では、へんろ道の分岐点には必ずあり、助かりましたが、高知県内は分岐点や中間点もない処が多く、地区の多くの方にお聞きし助けてもらいました。宿泊先に確認したら、高知県の方針(ケイカン)とのこと。ガッカリしました。住民の方には良くしていただきました。(4月28日)

◇16年ぶりのへんろ。道路が良くなりすぎか、へんろ道は少し消えたゆな。へんろ小屋が増えて有り難いです。(5月3日)

◇通過11:20(5月5日)

◇夜8時に到着。全身水まみれ。(5月9日)

◇2回目きたよ〜。(5月10日)

◇5/4和背負い放浪修行中の光海。霊山寺を出発して、今ココです。とりあえず先陣たしの道を歩き、一周廻ります。竜串R321、道の駅大月へ〜みんあ頑張って!! 和背負い!!わっしょい<(5月23日)BR>
◇雨の中、大月回りで頑張ります。(5月25日)

◇バイクで走る足摺は最高に気持ちいいですよ−!!天気のいい日hあ景色が輝い見えるようです。バイクで色色な場所走るぞー!!(5月31日)

◇昨夜足摺の公園で野宿そ、こちらに朝6:30到着。女1人野宿も交え ながらのおへんろです。どうなるか不安もありましたが、色々な方に助けていただきながら旅できています。(6月10日)

◇おへんろさん! 道中お気をつけて!無事に結願されますように。(6月10日)

◇順調に歩かせて頂いています。一歩一歩前進。一段一段ステップアップ。はっきり自覚して歩きたいです。これから北上です。菩提の道場、伊予の国では、さらなる光明を目指したいです。(6月13日)

◇足摺の景色を一望しながら「ボッ」と一息つく事の出来るへんろ小屋に感謝。修行の銅樹と言われるごとく、足もつかれガタがきている事と思います。無理されませぬ様、ご自分のペースで一歩一歩前に歩み出されます様 ……(6月14日)

◇結婚目指して一歩一歩前へ。(6月17日)

◇半年ぶりに立ち寄りました。ここでテントを張りたいのですが、水がないので足摺まで行きます。そしてトイレも?この先、すこし行った処に休憩s所(雪寿庵〜があります。午前中だけ開いているそうですが、機会があれば立ち寄って下さい。(7月2日)

◇自転車で巡っています。青龍寺〜須崎市街地まではup downがキツくて大変でした。あすはアカから金剛福寺。その後は県道21号を通って平田駅そば〜延光寺に参ります。皆様の結願と交通安全を祈願して。(7月23日)

◇歩きで巡っています。高知の大日寺からTotal200何辧憤貮JR使用)を歩き続けてもう少しでゴールです。自分で自分を褒めてあげたい気持ちです。神様、仏様ここまで無事で導き頂き感謝です。(7月28日)

◇周りの者に安心な気持ちと、自分自身にもそんな気持ちで一生を終えることが出来る事と、自分のやる事が見えてくる事、それが今の願い。(8月12日)

◇原付で廻らせてもらっています。休憩で寄らせて頂きました。景色がきれいで最高です。私を含め、皆様が無地に廻れますように。(8月27日)

◇金剛福寺から40分歩いて足が疲れたところに当小屋があり、ファンタを飲んでゆっくり休むことができました。納経所の方にこの先に新しいトンネルができて、東海岸を歩くよりも短い距離で清水に行けると教えて貰い大変感謝しております。以前、臼砦経由腕黄身酢まで歩いた時は道が曲がりくねっていて、歩けども歩けども中浜に着かなくて難儀な思いを致しました。今日はお天気も良く、青い海を眺めながら、気持ち良く歩けそうです。(9月23日)

◇どうもありがとうございます。(日本語、ドイツ、8月10日)

◇高知県きもちいいね!!(10月8日)

◇お遍路ではないですが、四国一周の旅の最中に、だるま夕陽を見るべく立ち寄りました。四国の方は皆さんあたたかく、また来たいと思います。お遍路の皆さん、お体や事故に気をつけて最後まで頑張ってください!(10月9日)

◇一泊させて頂きました。計画なく進んでいた為、前日、金剛福寺に着いたのは17:30。このヘンロ小屋に一泊し、本日打ち戻ろうと進みましたが、本当にまっくらやみで、不安になりました。周りはなにかケモノのおたけび、枝をおる音。夜中には大雨。ネブクロだけなので、少し濡れましたが、りっぱな小屋に守られました。24時間、電気=案内チラシから音のある生活の中で、安心ではあるが、つかれていました。なんだかここで、心が洗われた気がします。助かりました。(11つき11日)

◇テント泊をしています。周囲は暗やみ。眠れないので、ノートに今の私の悩みを書いてみます。自己満足で書くので、次に記述される方の書き込みを読んで下さい。私のはとばして下さい。「摩訶般若波羅密多心行観自在菩薩 行深般若……」で始まる般若心経です、和足m今の今まで気づかなかったのです。正直、三年程前まで般若心経の名を知るぐらいで、内容など知ろうともしない宗教心に欠けていた私なのdすが、三年前、四国遍路に出ようと思い、ある程度は般若心経の意味、お遍路の歴史、お釈迦さまの言葉(一応、原文の一部)などに写経した上でお遍路に出たのですが(今回も同じく)、本当に今の今まで気付かなかったのです。般若心経を何度朗誦したでしょう、数百回いや千回以上読上したと思います。知識として知っているだけで満足し、これで事たりrると思っておた私がバカだたのです。それもある上に「一心に信じ、読経しておれば経典の内容に必ずしも通じていなくてもいいのだ」と教えられたのもあるのですが、でも一応、人並みに内容等については理解しているつもりdす。私が大変ショックで気付かなかった事とは、般若心経を本堂や大師堂で読上すると言うことは、教えに対する 畏敬の念がなければならないはずです。ところがこの般若心経の内容の大前提には「輪廻転生」を信じている事があることに気付いたもです。さあ!!困った!それに気付いたのは昨日です。あすは金剛福寺に参拝する日です。どうすればいいのでしょうか?般若心経は読上せずにすまそうか、なんて思ったり、本当に困っています。この二日間、この事が気になり、あまり足が前に進まなかったのです。といのも私は「輪廻転生」をまだ信じていないのです。と言うか、信じたくないのも事実です。仏教の輪廻には六道と言われるものがあります。もし、本当にそれがあるのなら、どうする事も出来ずにいるのだから(ただし四国巡拝をする事で私のカルマ・業の深さを浅くしてもらおうなんて思ってもいませんが)しょうがないと思っています。この言葉を書くことはやはりリンエネ転生を信じていないことですよね。あなたは信じていますか?最後に般若心経を朗誦することは、輪廻転生を信じることが大前提にあるという事は間違いない事です。知識だけで満足していたばかな遍路でした。般若波密多ー悟りを開いて解脱するための行いを意味します。疑問があります。いや、長くなるので、やめておきます。ただ一言。般若心経の中で、お釈迦様の十大の中でも特に知性に富んでいる舎利子に観音菩薩が一方的に教えを語るのでしょうか?この時、周囲にhあ如来もいたのに、菩薩さんは如来産の予備軍とも言えるはずなのに。それに舎利子はだまっている。お釈迦様は何故、直接舎利子に答えてやらなかったのでしょうね。長々とごめんなさい。(11月29日)

◇朝、雨もようでうs。ありがとうございました。このような私ですが、お大師さまと二人で、この遍路道を歩いていることには少しの疑問も持たずに信じております。(11月30日)

◇朝、雨です。昨日も朝降られました。やむ気配なし。(12月4日)

◇ジョン万次郎、印象的でした。海外に行く前、なにかのご縁と思いました。(12月8日)

◇Thank you so much,your shelter saved my night.No hotels were open today.I don't no why. But I think I will sleep good here.(メキシコ、12月12日)

◇今日、ここでテントを晴らしてもらい1泊します。ちょっと思った事がありましたので、乱文、乱筆ですが、書かせてください。おへんろノートって、おもしろいと思うンですよね。単純に感謝の意を述べているコメントだったり、子供のような寺を書く63才の男性の方だったり(笑い)。最近は、海外の可とのおヘンロさんも多く、またコメント書かれていますね。 私自身、世界一周したのですが)全部の国は行ってません)。昔はこのような情報ノートがあって、ペラ×2とめくっているだけでも楽しかったです。もちろん有意義な情報もありました。しかし日本人宿にあった情報ノートは減りましたor書き込みが激減しました。やはり、ネット、SNS[の普及で、わざわざ情報をアナログで共有する事が、社会に適さなくなったのかもしれません。しかし、今日ここで、このノートを見せてもらった時に、こういうアナログな感じがいいなあと思ったのです。ちょい、書くのがめんどうになってきたので、まとめますが、結局こういう非日常的な時に、SNSはもったおない!私はいち×2、ここで写真をとってSNSにあげなきゃなーって思っていたのですが、せっかく何も考えなくてもいられる状況なのに、こんな事を考えているのがもったいないと思いました。海外を旅行している時に、日本人の子で、ブログも一生懸命書いて、アクセスランキング1位を目指していた人がいたのです。それは彼がやりたいことなのでいいのですが、南米のボリビアにいる時に「もうブログ書きたいから、宿に帰りたい」と行って、もう二度とこのとちに来ないであろうのに、今を大切にしないのはふしぎでした。すいません、うまくまとまっていませんが、とにかく言いたいのは、ブログ、SNSにために、今の旬かを集中できていないのはもったいないかなあと思ったので、ちょっと書いてみました。SNSはここのヘンロ小屋で、自分で文章を「今」かかなくても、できるんです。活字っておもしろいと思います。とりあえず、このへんろの間は、自分はSNSで発信するのはやめようと思います。やっぱり移動しながらはしんどい(笑)。すいませんまとまりがありませんでしたが、みなさま時間を取れた事を大切に、無事旅行をして下さい。ゴーストライターがいてくれれば、うまく階絵くれたのに、すいませんでした。四dえくださった方ありがとうございました。ヒマだったら「すこんぶたろう」でnet検索してもらえれば、ブログあります。お時間ある時に見て下さい。(12月24日)







【2018年】


◇着いてテントを張り食事の途中、夕方6:00頃であろうか。警察が来て質問された。話によれば、4〜5日位この小屋にテントを張りっぱなしとの事。ふざけるな、まだ1〜2時間。多分いたずらかいやがらせである。ヘンロをよく思ってない人だ。日本はキャンプに縁がないのかあまりカン大ではない。外国は野宿はカンダイであたたかい目で見てくれたのに。ヘンロはつらいいよ特に野宿は。(2月5日)

◇昨日は1日雨でしたが、今日はくもり。それも今にも不利そうな雲です。2月27日に横浜を出発し、ここに到着しました。83才の寿行脚。最後までえ打ち抜きます。(3月20日)

◇桜満開でとてもきれいでした。でもなにより美しいのは道案内などやさしい言葉をかけていただいたことです。(3月26日)







※順次追加します
























(順次、追加します)




戻る