◇愛媛県四国中央市川滝町下山葱尾、37号しんきん庵・法皇のヘンロ小屋ノート「遍路の思い出」から抜粋◇

愛媛県四国中央市市川滝町下山葱尾、37号しんきん庵・法皇のヘンロ小屋ノート「遍路の思い出」から抜粋



【2009年】

◇今元気 今を楽しく 今歩く 四国の皆様感謝!!(10月27日)

◇地元のみなさんの親切が身にしみます。ありがとう、ありがとう、ありがとう。(11月7日)

◇花が笑う 僕も笑う 鳥が唄う 僕も唄う 道があるから ただ歩く 道がなければ 拓くのみ 夢ふたたび もう一回子供に戻って 夢を追いかけてみてはどうでしょう 日々是好日為(11月4日)

◇「お接待と 手盆に二つ 大き柿」。干し柿を見て、稲架を見て、いい里の風景楽しみました。(11月7日)

◇柿があまくなっていました。生たまごすすって、おいしい。有難う。(11月13日9

【2010年】

◇いろんな人との出会いを楽しみに、又小鳥達の声を耳にしながら歩く私。私は時折、なぜ歩いているのか自分に問いかける。最後には答が出るかもわかりません。後少し。急がず、あせらず歩きます。(4月3日)

◇今日はお天気も良く、歩き遍路日和でした。椿堂にお参りさせていただきました。椿の花がとてもきれいでした。幸い、団体さんとも会わず、ゆっくりとお参りでき、この休み処でも、ゆっくり休ませていただきました。(4月8日)

◇三角寺へのお参りの途中は、桜吹雪の中の歩きだった。良い風景の中、思い出にもなり、気分が良かった。残りの遍路も頑張ります。(4月9日)

◇前回通った時には若い大工さんが一人で建てていたこんなに。立派な遍路小屋になるなんて。(4月29日)

◇今日は弱くですが雨がずっと降っています。無理をせずに今夜はここに休ませて頂きます。近所の方にパンのお接待までしてもらって、私はカホウ者です。(5月11日)

◇クツをぬぎ、座ると最高です。(6月12日)

◇自信のないまま一番から歩き出し、何度もお大師様に助けられ、ここまで来ました。ようやく「道中修行」の意味がわかってきました。これからの人生に楽しみが見つかり、ありがとうございました。」(5月21日)

◇いよいよ、伊予の国が終わり、香川へと思ったら、次は徳島なんですね。発心の時の気持ちを思い出せという事。なんでしょうか。(6月12日)

◇真夏の太陽と歩き続けましたが、まことに暑い!!修行と思いつつ、いっぷくさせていただきました。(7月23日)

◇雨が降りだしました。丁度よいところに休憩所があり、助かりました。傘さして青田道ゆく遍路かな(7月28日)

◇堺から車で5時間かけて来ています。主人が車で並走して、私は歩かせて頂いています。本当に幸せです。ゆっくりと楽しみながらの旅です。風に祈り、ただ歩くだけです。辰野和男さんの本で書いておらる気持ちがよく分かります。本当に!本当に!四国の人のあたたかい気持を心の支えです。後24ヶ寺がんばります。69才、67才の老夫婦です。(9月11日)

◇ここへ来る道中へ椿堂へ行きました。歩き遍路さんは納経代をお接待していますとの事。お札を渡せぬまま、ここまで来ましたが心残り。結願後、香川へ転居するので、またお礼参りをさせてもらおうと思います。(12月11日)



【2011年】

◇通しの歩きへんろ逆打ちの旅、43日目。一息つくことができました。この小屋を守って下さる皆々さま有難うございます。(1月1日)

◇登りからきしになると、ダメな私です。さっきも休んだのに、この小屋を見つけて、思わずラッキー。2度目の歩きへんろですが、体力はいかんともしがたく、つらい登りです。(1月3日)

◇アーシンド。後どのくらい歩けば雲辺寺へ行けるのか?少し休ませてもらいました。(3月28日)

◇風鈴が涼しげで、ゆったり休めました。(5月1日)

◇栃木からここまで約4000辧自転車で回っています。まだまだ1/5という所です。本日102回目。(5月18日)

◇歩いていると、ゴミの処理にいつも困ります。ここにはゴミ入れ……助かります。100gでも軽くしたいのでうれしい。ウェットティッシュも使わせてもらいました。(5月26日)

◇自転車で自分さがしのようなことをしています。九州からかれこれ400勸幣總ったと思います。足の痛みと日焼けの痛みで、今まで悩んでいたことが馬鹿みたいに思えてきます。これから山を越える人、越えてきた人も、どんなことがあっても負けないで」ください。(7月13日)

◇一体何本の飲料水を求め販売機に小銭を投入したことやら。日本のすばらしさか。夏はちょっと考え直した方が良さそう。冷たい水とトマトが欲しい。まだ々修行がたりません1!(7月17日)



【2012年】

◇この遍路道は5回歩かせていただき、感慨無量です。今年87歳で、もう再び訪れる可能性はうすいと思いますと、尚更に懐かしい思いがいたします。お四国遍路は私どもにとっては、まさに喜び悲しみを凝縮した究極の旅の姿であり、忘れることのできない人生の旅でした。本当にありがとうございました。遍路は、出会いと別れの旅でもありました。貴重な一期一会を遍路の旅日記にしるすことにいたします。(5月14日)

◇椿堂を過ぎた所で、お遍路好きの少年に話しかけられる。地図をねだられたけど、地図は無いと困るので、ゴメンねー!(6月10日)

◇みかんいただきました。おいしかったです。(6月14日)

◇お昼ごろに着きました。小雨が降る中、時間的に雲辺寺まで登るのは可能と思いましたが、先日の衣類が乾いていなく、思った以上にザックの中身が重く、早すぎるとは思いましたが、一泊させて頂きました。遍路小屋を管理されている地域の方々には大変迷惑とは思いましたが、お許しください。明日、雲辺寺をめざします。(7月7〜8日)

◇昼すぎの暑い中、とっても風とおりのイイ、キレイなヘンロ小屋、最高です。びわ、とってもおいしくいただきました。元気になったので、もう少し先にすすめます。(7月23日)

◇65番よりムチうって来ました。おいしい栗をいただいて元気が出て、66番迄頑張ります。(10月1日)

◇64から67番まで3人で歩いています。ゆで栗ごちそう様でした。大阪リタイア3人組。(10月1日)

◇三角寺からの途中立ち寄りました。丁度、足のマメの治療をいたかったので、ありがたかったです。腰をおろして、涼しい秋風にあたって、ぼんやりする時間ができました。ゆで栗ありがたく頂戴いたします。(10月2日)

◇つるし柿1個いただきました。自家のものと味くらべしてみます(歩きながら)。(11月25日)

◇疲れた体に、みかんは最高でした。連日天気に恵まれ、お遍路を楽しんでいます。道程の心のこもったお接待に感謝の気持ちでいっぱいです。この気持ちは私の身体のすみずみまで幸せをもたらしてくれます。(11月1日)

◇今朝とても辛いことがあり、泣きながら歩いてました。でも、ここで美味しいみかんを頂き、涙が止まりました。もう泣きません。途中でやめません。最後まで歩きます。今日のこの日のことを忘れない。(11月9日)

【2013年】

◇今夜はここで、一泊させていただきます。遍路を始めたころは、キツクて早く帰りたいと思ってましたが、今になると終わるのがすごく寂しいです。(4月3日)

               ◇思わぬ多勢の方々のお接待を受け感謝感激です。甘茶を頂き元気が出ました。(5月18日)

◇晴れたのも束の間、久々お天気が悪くなってきました。まぁのんびりと歩けるおかげで、優しさにも巡りあえます。交通量が増えてきましたが、皆さんもお気をつけて。4月25日に出発したので、もう2ヶ月経ってしまったか……あっという間だな。(6月26日)

◇三島の小学生。ちゃんと彼女ができますようにって、お願いしてきたよ。野宿場所を案内してくれた女子高生。テストがちゃんとできるようにお願いしてきたよ。(7月1日)

               ◇一泊させて頂きます。近所のおばあちゃん、あたたかいご飯、とれたてのトマト、お料理ありがとうございます。心にしみました。あたたかいご飯のありがたみ実感できました。半袖では寒い夜になりそうです。しっかりシュラフに入って眠らねば。(7月15日)

◇すごく可愛い。いろんな絵とか言葉が貼ってあって、見どころのあるへんろ小屋。「命がけ」の言葉が特に感動しました。もうあと少しでこの旅もおしましい。かなしい。さみしい。くるしかったけど、終わるとなると惜しい。でも、よくここまで来たね。私は、私が思っていたよりずっとたくましい。強い。やればできる。自分のこと見直した。おごるわけではけれど。自信もてた。まだあと少し残ってるけど、そんな風にこの旅をふりかえります。おなかいたい。でも、いきます。(7月21日)

◇最後のへんろ。もうしんどくてたまらん。でも1番迄頑張る。(10月2日)

◇栗、とてもおいしくいただきました。疲れがとれます。これからまた、歩いていきます。妻、夫。(10月15日)

◇椿堂から小1時間歩いたとき、地元の方から休憩所があるからと声をかけていただきました。ミカンと柿、おいしくいただきました。歩きへんろ者にとって、とておありがたい休憩所でした。(10月29日)

◇家を出て丁度1ヶ月。雲辺寺に行く途中、昼食のため立ち寄らせて頂きました。おいしく柿1ヶ、ミカン1ヶ頂戴し、大変おいしく、元気がでました。紅葉も美しく、こんな素晴らしい施設、うれしく思いました。12月10日頃、結願迎えられるようがんばります。当施設を管理している皆様のご苦労に感謝します。(11月30日)

◇かりんのさわやかな香りの中、休ませていただきました。山頭火や坂村真民先生の言葉が身にしみました。新しい気持ちで出発できそうです。(11月27日)

◇冷たい風と小雨の中、オアシスを見つけました。あともうちょっとがんばります。(12月2日)

【2014年】

◇若くない女2人連れ。休けいさせていただきました。又、おいしいみかんもいただきました。ありがとうございました。(3月15日)

◇つかれたー。やっと休めたー。ありがとうございました。秋田から来ました。まだ花は何も咲いていません。満開の桜楽しみだったけど、あと少しかな!(3月28日)

◇1番から通し打ちで頑張っております。おいしいみかん、心からありがとうございます。もすこし頑張ります。(3月25日)

◇みかん1つ頂きました。(4月24日)

◇いよかん頂きました。いよかんがのどをうるおすへんろ道(4月25日)

◇腰痛で前に薦めず。遂に当所でタクシーを呼ぶ。明日は仕切り直し。(5月10日)

◇苦節5年目に入っています。東京(女性69才)大阪(男67才)香川(夫婦65才)4人の面白道中を繰り広げております。今日は9時半、三角寺を出発し、あと2kmを歩いて宿に直帰し宴会をしまあす。昨夜は焼き鳥で飲みすぎているので今夜は要注意で、ビール4杯くらいで……我々の4院の究極の目的は宴会なので〜。ひんしゅくものですなあ。すみません。(5月13日)

◇雨に濡れた観音、不動、金色の地蔵菩薩。小ぶりの椿堂の美しさ。雲辺寺sんの観音様はどんなだろう。(6月6日)

◇朝から陽があたtって、とても暑いです。風は気持ちいいんですがね。この小屋まで来たら、ミカンが置いてあったので、1ついただきました。川滝のみなさまありがとうございました。(6月9日)

◇今日はこちらに1泊させていただきました。たくさんお方々にパワーをいただき、ここまで歩いてくることができました。(6月12日)

◇今日は伊予三島の宿から三角寺を回ってここまできました。疲れたところで、ミカンをいただきました。(6月18日)

◇疲れた身体には果物がありがたく、おいしくいただきました。

◇もうすぐ愛媛も終わりやと思うと寂しいのよ〜。ゆっくり休けいさせていただきやす。今日も楽しい旅をあんがとよ〜(6月26日)

◇今は亡き妻と二人遍路は苦しきことより思い出いっぱい。(6月27日)

◇石鎚山の景色、素晴らし!体調崩したり色々あったけど、どれも肥やしになったよ。かがわに入ったら何があるのか。楽しみ!(7月9日) ◇福岡県〜東京都チャリ旅中に奇跡のオアシス発見!!気温は33度。灼熱地獄なので、ありがたく休ませていただきました。東京までの道のりはまだ長いけど、頑張ろう!(7月15日)

◇昨日の炎天下、ヘロヘロでたどり着きました。水を分けてもらった御近所さんに朝、昼用にオニギリまで!あいがとう。さあ行ってきます雲辺寺。明日はそこで御来光。(7月18日)

◇1番から通し打ちでの歩き遍路。寄り道が多く、なかなか進まない。それもまた、楽しいかな。ずっと暑い日がつづいてるけど、雨に降られるよりは、晴がいい。今日はどこまで歩けるか。気がむくままにフラフラ。国道側が壁になっていて、くつろげる遍路小屋ですね。壁の絵や言葉たちも良かったです。(7月27日)

◇泊まらせて頂きます。これから生まれてくる命、生きとし生けるもの、亡くなったものたちが幸せでありますように。悩み苦しみがなくなりますように。困難を乗り越えられますように。平和に清らかに楽しくすごせますように。(8月12日)

◇3度目の歩きヘンロももう終わりが近づいています。もうこっとだ、がんばろう!(9月13日)

◇おいしい栗ごちそうになりました。風通しの良い休憩場、休ませていただきました。(9月27日)

◇4回目の区切り打ちです。今回で88番から高野山までいくつもりです。栗おいしくいただきました。(9月28日)

◇8/14からのんびり歩いています。愛媛は歩きやすかったなあ。コスモスがキレイだ〜!!(10月1日)

◇夜中に雨が降るということで、宿泊させて頂きました。柿を朝食代わりにさせて頂き、誠に勝手ながら、護美も残させて頂きました。(10月19日)

◇疲れた体にみかんが美味しかった。人の情を感じ、気づかいをありがとう。四国ではたくさんの出会いがあり、気づきを頂いております。(10月20日)

◇一休みして、カキをいただきました。四国に来て歩くうち、カキを皮ごろかじることになれてきました。ごちそうさまです。(10月25日)

◇近くの方にミカン頂ました。五臓六腑にしみます。(10月25日)

◇柿ごちそう様でした。すごくお腹がへっていたので、助かりました。(11月4日)

◇Thanks for Kakis and the nice breezy rest hut.(シドニー)(11月7日)

◇三角寺から雲辺寺への道中、一休みさせて頂きました。この様な立派な休憩所があると助かります。私も頑張りますが、後からこられる方々も無理せず頑張ってください。(11月14日)◇2012年11月にもこのりっぱな遍路休憩所で休頂き、また三角寺からこの休憩所で昼食をとりたいとがんばって来ました。今ちょうど12:00時。風は冷たいが、人の心と太陽はあたたかい。もうこれが最後の遍路と思い立って毎年来ることができて幸せです。78才。また来たい。遍路小屋を守って下さる地域の皆様ありがとうございます。(11月15日)

◇椿堂を経てここを目指して歩いて来ました。今日は風が少ないので(雨/雲ですが)、寒くはないです。いつもより早く着いてしまし、ゆっくり休ませていただきました。(11月29日)◇今回は伊予三島から観音寺まで歩きます。雪が心配でしたが、なんとかなりそうで、一安心。青空の下ゆっくり休ませていただきました。(12月23日)

◇三角寺から歩いてきました。小春日和です。途中の椿堂で心が痛いので、お大師様の心臓さわらせていただきました。(12月30日)







【2015年】


◇年明けの書き込みは私からということになりましたね。朝から降った雪で辺り一面銀世界です。大気の状態も不安定な様でもやがかかった様になっています。四国各地の休憩所を見るといつも思います。本当によく管理、維持されているなあと。そんあ人々の支えあってこそ、我々はこの“四国のみち”を歩いているんだなあと常々思っています。(1月30日)

◇愛媛県最後(順打ち)のヘンロゴヤになるんですね。感慨深いです。「何かを見つけた」と書いてる人が多いけど、私はイマイイチ何をみつけたのかまだわかっていません。でも幸運である事は再確認できたような気がします。なぜって健康で、歩けて(遅いけど)、四国で沢山の人に「行きたいけど、行けないのよ〜」と言われた。おヘンロできているんですから。そして沢山の皆さんの「気を付けてね〜」でここまで歩けたんだと思っています。(2月19日)

◇哲学的なことを考えながら歩き続ける。もうすぐ香川県!!(3月5日)

◇山頭火の句にうなづき涙ぐむ。(3月27日)

◇岡田を6寺15分に出発。65番三角寺を打って伊予三島泊。今日は楽できるが、雨が気になる。雨はいやだ。(4月3日)

◇初お遍路で無事にここまで来れました。道中、本当にいろいろ考えさせられ、今後生きていく指標が見えてきた気がします。このような休憩所にも幾度となく助けて頂きました。全ての人、事に感謝しつつ、無事結願したいと思います。(シンガポール・日本語、日本名)(4月28日)

◇十年前、一人旅、今二人旅(女)。あと十年後、がんばって又ここに来れたらいいな。四国に感謝です。(6月9日)

◇何とか歩けています。同行(女)に煮んおかげで助かってます・頑張って残りを歩いたいです。又、何年後かに来れるといいです。四国に感謝して……。(6月9日)













【2016年】


◇みかん、いただきました。ありがとうございました。(2月13日)

◇みかんいただきました。おいしかったです。休憩所のありがたさが身にしみます。(3月21日)

◇ みかん、ありがとうございました。コンビニがないので、腹ペコで助かりました。(3月21日)

◇みかん、おいしく いただきました。年内にもう一度回りたく思っております。(3月22日)

◇Thanks nice place to sleep.

◇みかん、ありがとうございました・昔なつかしい甘夏でした。(3月25日)

◇美味しい甘夏ありがとうございます。昨年43番札所明石寺まで歩き、今春は44番札所大宝寺から歩いてきました。今回で結願したいと思っております。(3月25日)

◇みかん、ありがとうございました。ここから雲辺寺まで野宿できる場所があるかどうかわからないんで、今晩はここで野宿させていただきます。四国遍路に、四国の人々に感謝です。(3月31日)

◇午前はバス停で雨宿りしましたが小降りになったので、民宿岡田さんまであと一頑張りします。(4月7日)

◇昨日神奈川県からきました。5年がかりの区切り遍路です。国道を登ってきてヘトヘトになり、特に夫は足をいため……大好きなみかん(ハッサクでしょうか?)夫はすっぱいものを食べると元気になります。まさに命拾いでした。おいしいと喜んでおります。(4月8日)

◇スイスから。(日本語)(4月8日)

◇新居浜駅から2日目。体ヘトヘト。11年ぶりに結願めざしての再開です。あたたかいねぎらいの声にはげまされて、元気をもらっています。(4月9日)

◇3巡目。区切りの逆打ち。予想した以上に寂しいですね。一瞬ばかりの一義一会ですが

、最後までその一期一会を大切に歩きます。(4月10日)









【2017年】


◇干し柿を頂いて休ませてもらいました。 食べ物もなく、つかれていたので、本当に助かりました。(1月1日)

◇利用させていただきありがとうございました。(2月5日)

◇今日はよい天気です。目の前には藤の花。山では鶏が鳴いています。 ほてった足を休ませています。椿堂はなかなかよい別格でした。(5月2日)

◇38才、高校1年生。ありがとう! 足がオーバーヒート。(5月3日)

◇(ハングルを翻訳)平和的な心です。久し振りによく眠れました。(5月4日)

◇広島を出発して4日目チャリンコのお遍路はきつい。でも感謝。最後まで頑張ります〜。70歳のじじい。(5月6日)

◇めざせ雲辺寺(5月18日)

◇最近のお遍路は質が落ちた。―匹僚蒜颪離ャンセルが多い。それも当日の昼から。夕食の食材購入してからが多く、宿は困っています。(赤字=簡単にキャンセルして、先の宿を予約しない様)先達にもそういうような人がいます⇒縞になって、遅れるので迎えにきてほしい(赤字=宿の方は、夕食の支度で忙しい時です。遅れるようだったら、自分でタクシーを呼んで宿に来て、翌日、又タクシーで昨日の場所に戻ってください)宿に着く緒が遅い。夕食時(18時)に入場する人がいるが、これも自分の行程のミスなので、風呂を後にして、先に着いた方に「遅れてごめんなさい」の気持ちを持ってほしいち衂屋やウオッシュレットがない、部屋が狭い、となりの声が聞こえるなど、文句ばかり言っていないで、「泊めていただいている」との気持ちで利用ください。(5月5日)

◇ども、ありがとうございます。山を上る前に、ここでねました。Good Luck to all!(オランダ、日本語と英語)(5月9日)

























※順次追加します。







戻る