徳島県海部郡牟岐町中村、50号牟岐の「お遍路さんの落書帳」から抜粋(牟岐お接待の会は、このヘンロ小屋ができる前からお接待を続けています)



【2010年】

↓ヘンロ小屋50号牟岐


◇初めてのお接待を頂き、感謝致しております。“ほっ”とするひとときを過ごさせて頂きました。この先も頑張る気力が湧いてきました。(3月2日)

◇ボランティアの皆さん、お接待本当にありがとうございます。次回も又楽しみに寄らせて頂きます。

◇道しるべがわかりやすく、安心して歩けました。トイレを文化センターでお借りしましたが、とても気持ちよく使わせていただき、ありがとうございました。(3月8日)

◇四国のみなさんのやさしさに感激しました。犬のしつけにまでちがいを感じました。太いにまねして、これからの生き方に参考にいたします。(3月8日)

◇四国遍路の4回目で、いつも牟岐でお世話になります。本当にありがとうございます。元気だったら、例年も来たいです。(3月8日)

◇お遍路のすべてが楽しい! 険しい道も、人との出会いも、受ける優しさも、厳しい天候も、すべてが自分の糧になります!(5月16日)

◇お遍路の旅とても辛いです。何故歩いているのか自分でも分かりません。今回で10回目です。今の時期になると歩きたくなり、我ながら困っています。本当にお四国が好きです。地元の皆様の温かい心に接し、自分の心の狭さを反省させられます。お四国は別世界です。これからも、この世界が続く事を祈っています。心が癒され疲れがなくなります。長いお遍路に元気を頂きありがとうございます。心を空に歩き続けます。(5月29日)

◇暑さが続いて少しバテ気味です。7日目で睡眠不足がきいてきました。歩いててもねむってしまいそうです。あと室戸まで2,3日がんばって歩きます。お接待ありがとうございます。力が回復しそうです。(9月6日)

◇ バイクで日本1周中です。ふと立ち寄って、お接待して頂きました。お遍路ではないですが、やさしく頂きありがとうございます。この次は、冷たい水のおいしさを歩いて遍路をして飲んでみたいと感じました。(9月10日)

◇歩き遍路をしていて、赤い矢印を見るとほっとします。車がそっとそばに寄ってきてジュースやお菓子をいただき、ほんとうに温かい気持ちになります。疲れている時、ほんとうにほっとさせていただきました。お接待ありがとうございます。(9月15日)

◇駅を少し過ぎた辺りで、車に乗ったお父さんから「この先に接待所があるから寄ってって」と声を掛けていただきました。地域のみなさんに支えられてお遍路が出来、感謝しています。接待所の皆さんも優しく温かいお父さんお母さんで、ありがとうございます。(9月26日)

◇今年で3回の歩き。その度にお世話になりました。雨中に一息つくことのうれしさ、又ひとしおです。地区の皆様のご健勝念じつつ、これから又歩いてゆきます。(10月3日)

◇お昼をたべる場所をさがして、ここですわらせていただきました。色々食べ物やお話をきけたりして、今日の宿泊先もきまりとてもたすかりました。(10月4日)

◇お茶、お菓子、おいもと沢山頂き有難うございます。私の地元の話も出て、とても嬉しかったです。四国の人々のあたたかさは、とても心に残ります。何度でもまた来たいと思います。(10月8日)

◇歩いている時、車に乗ったお父さんに声をかけていただいて、寄らせてもらいました。疲れている時に冷たいお茶、お芋のようかん、玉子をお接待していただいて、また頑張ろうと思えました。皆さんの心づかいが本当にあたたかくて嬉しくなりました。これからもお遍路さん達を見守ってください。(10月15日)

◇10/5に、一度リタイヤ自宅に帰り、今日から再チャレンジです。出発していきなりのお接待に感謝していたします。この先、足を痛めているので少し心配ですが、ノンビリ、最後まで、無事、結願したいと思います。(10月18日)

◇今日、日和佐から再出発です。11月からイエ事がはじまるので、それまでお遍路を楽しみます。お接待ありがとうございます。(10月19日)

◇今日は寒くて、休みたい時に休ませていただき、ありがとうございます。温かいコーヒー癒されました。(10月27日)

◇遍路は人生そのもの。出会って共に歩き、そして別れていく。そして道に迷い、路頭に迷ってオロオロ。(11月2日)

◇思いがけず、たくさんの方に温かいおもてなしをいただき、ありがとうございました。情報を受けて到着を待っていてくださったとのこと。感激いたしました。おいしいお茶と大福を頂戴し、疲れがとれなした。今回は大日寺までの予定。頑張ります。(11月11日)

◇水がおいしい。お茶がうまい。空気が新鮮だ。いつも何でもなく味わっているものが、こんなにありがたいと感じるのは、歩きへんろだからこそ。ここでも温かい接待にあずかった。感謝!(11.16)

◇両親の供養に歩き出しました。一度にはできませんが、何回かに分けて……。何年かかるやら。でも、その間、両親や先祖に感謝する気持ちは持ち続けられそう。今まで気づかなかった家族や先祖への思いが沸いてきそうで、何かが変わりそうな気がします。60歳還暦で生まれ変わったつもりで、これからの日々をおだやかにすごしたいですね。雨に打たれ、車の騒音に耐え、足の痛みを気にしながら、結構おもしろい旅です。20代のころ、自由に歩き回ったころの自分に戻ったようで、とても新鮮な気持ちになす。

       



【2012年】

小屋に置かれている「お遍路さんの落書帳」↓



◇2012年3月9日、雨の中を歩き牟岐の接待所に来ましたが、お休みで皆様にお逢いできず、残念でした。2013年3月9日、天気も良く、接待所での休憩で、2年ぶりで皆様にお逢いできたこと、うれしいことでした。手づくりのようかん、おいしく頂きました。いつもありがとうございます。感謝です。(3月9日)

◇お接待所を目標にひたすら歩く。コーヒー、茶、芋。温かいもてなし、ありがとうございました。(3月9日)

◇雨の中、体も気持ちも冷え切っていく中でのお接待。あたたまりました。本当にありがとうございました。

◇歩きだしていきなり足と腰が痛く、嫌な気分でしたが、お接待していただき、今だったら200kmくらい歩けそうす。本当にありがとうございます。今日は天気がいい。歩きまくります。

◇あらしにあい、牟岐まで電車はとまり、タクシーでここまで来ました。歩き始めて、こんなにやさしくしていただき、うれしゅうございました。おまけに治療薬ももらい、助かりました。

◇へんろには 命の泉 おせったい

◇手厚い皆様のお接待に感謝します。2年前の夏、自転車旅の途中にも立ち寄らせて頂いたでもあり、なつかしく、とてもうれしく思いました。

◇噂の牟岐町の休憩所で一休みさせていただきました。久し振りのコーヒーはとても旨いと感じました。お遍路は初めてですが、人の優しさと道中の小さな仏像さんに感謝する気持ちが生まれました。

◇2年ぶりに又、お世話になりました。こういう場所ああると、歩き遍路にとってはありがたいことです。(10月26日)

◇おいしいゆで卵にお芋、あたたかいコーヒーと、お母さん達の心温まるお接待を受け、とても元気になりました。ありがとうございました。お母さん達もいつまでもお元気で。(10月27)

◇62歳で退職し、人生の再スタートをはかるのに、歩き遍路に来ました。お接待ありがとうございました。(2012年10月29日)



       



【2013年】

小屋の内部↓



◇おねえさん、おにいさんお顔を見て、元気をいただきました。私のすきなことば。この世で起きた事は、あの世では解決出来ず、この世で起きた事は、この世で解決できる。(3月13日)

◇お世話になりました。おいしいコーヒーいただき、うれしかったです。日和佐から歩いてきて「疲れたな!!」と思っていたところでした。1日20kmを目やすにのんびり歩いています。結願には60日要しますが、自然を楽しみながら歩いてゆきます。健康に留意し、歩いてゆきます。(3月16日)

◇薬王寺を朝6時頃出発して、9時半に着きました。時折雨が降り、辛い辛い道のりでした。そういう時に、この接待所に出会い感激しました。優しいオバさん達との会話で心が和み、また歩こうという元気をもらいました。(4月30日)

◇逆打ち歩き遍路10名。歩き遍路途中、お接待をいただきありがとうございます。ホッと一息。つかれた身体を休息する事が」できました。(5月18日)

◇お腹がすいていたので、おかい、とてもおいしかったです。冷たい飲み物も、うれしかったです。(9月8日)

◇親切なおもてなし、ありがとうございます。直前にコロッケのお接待を受け、ここで食べ差s手いあだきました。(9月14日)

◇東京から歩いて五ヶ月。四国の人の優しさを感じます。イモやお菓子、コーヒーなど、とてもありがたいと思います。四国八十八ヶ所を周り終わったら、屋久島まで歩こうと思います。一つの行として。(9月21日)



       



【2014」年】

落成式の受け付けをしてくださった地元の方々↓



◇3回目の歩き。いつも、こちらを楽しみにしています。今日は時間に遅れ、皆様にお会いできませんでした。最初は警察署横にテントを張り、当時4時までのところ、時間ギリギリでお接待を受けました。妻とともに、喜びと感謝の一念でした。すみません。勝手にロッカーを開けて記入しました。(4月26日)

◇工事打ち合わせ中、ありがとうございました。設計図も見せていただき、来年の遍路の楽しみができました。(5月9日)

◇雨が降ってきた中、本当に助かりました。笑顔でのお接待、心より感謝します。お話の節々に、やさしい心づかいがあり本当に「うれしかったです。四国の奥深さを感じさせられました。(5月12日)

◇7月5日、ヘンロ小屋50号・牟岐の落成式。お接待のグループは、この小屋での活動を開始。

◇歩き4回、自転車1回、自動車5回のたびに、お接待にあずかり、お四国の心づかいに、心から感謝、合掌。(9月23日)

◇歩きお遍路、今回で2回目(11番藤井寺〜23番薬王寺)です。ひとり歩きは今回はじめてで、気持ちが折れそうなところにお遍路小屋があり、少し休ませてもらうと、また少し元気をとい戻して歩き続けることができて、ようなくここまで来ました。この50号小屋では、ご親切なご接待を受け、いろいろ情報もいただき、お話もきかせてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。今回は鯖大師で一区切り。次の機械にはまた元気で、今ただいたことを参考に再出発したいと思っています。(9月23日)

◇昼食中、偶然通りかかった方から、ポカリスエットとバナナをいただきました。とてもうれしかったです。頑張って歩き通したいと思います。(9月28日)

◇おかげさまで、疲れをいやすことができました。ありがとうございまーす。(10月23日)

◇おいしい柿とおいもとみかん、ありがとうございました。区切り打ちで今日が最後ですが、とてもいい思い出になりました。感謝、感謝、感謝。(10月31日)





       




(順次、追加します)




落成式のテープカット↓
戻る